国語言葉の意味

【慣用句】「豚に真珠」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「豚に真珠」について解説する。

端的に言えば豚に真珠の意味は「価値のわからない物に与えても意味がない、ムダである」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んだ。一緒に「豚に真珠」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

要

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「豚に真珠」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「豚に真珠」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「豚に真珠」の意味は?

「豚に真珠」には、次のような意味があります。

1.値打ちがわからない者には、どんなに価値のあるものを与えても意味がなく、むだであることのたとえ。

出典:故事ことわざ辞典「豚に真珠」

「豚に真珠」は、小学校3年生で学ぶ代表的なことわざです。誰もが聞いたことがあると言っても過言ではないほど、有名なものと言えます。

どんなに価値があるものでも、その価値を知らない・わからない者には意味がないということを例えを表していますね。「無駄だ」という例えでもあります。

人間にとっては価値があっても、動物にその価値はわからないという状況を表していますね。

「豚に真珠」の語源は?

次に「豚に真珠」の語源を確認しておきましょう。

「豚に真珠」の語源は、聖書と言われています。新約聖書「マタイによる福音書」に登場するイエス・キリストの説教の1つです。

「神聖なものを犬に与えてはならず、また豚に真珠を投げてはならない」という記述があります。この文章が由来と言われているのです。聖書では、その文章のあとに「(もしそんなことをすると)それを踏みにじり、向き直ってあなた方にかみついてくるだろう」と続いています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
要