大正日本史歴史

銃を向けられても言論にこだわった政治家「犬養毅」を元塾講師が分かりやすく5分で解説

よぉ、桜木建二だ。今日は犬養毅について勉強していくぞ。1932年5月15日、首相官邸などを襲った海軍の青年将校達は当時の日本の首相・犬養首相に銃を発砲して殺害する事件が起こった。

暗殺されるという結末で人生に幕をおろした犬養毅の一生、ここで改めて振り返ってみよう。そこで、今回は犬養毅について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

shintomoyui0311

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から犬養毅をわかりやすくまとめた。

犬養毅 ~誕生から役人になるまで~

image by PIXTA / 46738291

慶應義塾への入学

犬養毅が生まれたのは幕末にさしかかった頃の1855年、現在の岡山県にあたる備中国にて岡山藩士・犬飼源左衛門の次男として誕生しました。ちなみに犬飼家の「飼」は誤字ではなく、犬養毅が「養」と表記されているのは後に犬飼から犬養へと改姓したためです。

父・犬飼源左衛門は下級武士でありながらも郷士を務めており、郷士とは村役人・商人・農民などを兼業する苗字を名乗れるほどの身分でした。最も、だからと言って幼い頃の犬養毅の生活は決して裕福ではなく、なぜなら犬養毅は2歳の時に父をコレラで失っているからです。

21歳になった頃の犬養毅の学力は相当高く、その実力はヨーロッパに留学できるほどのものだっとされています。とは言え、現実的に考えると経済面の問題から留学することは難しく、そのため知人・親戚から援助を受けて上京すると慶應義塾に入って学びました。

新聞記者を経て統計院へ

慶應義塾においても犬養毅の学力の高さは健在で、成績優秀な犬養毅を福沢諭吉も評価していました。犬養毅が入学した際、保証人となっていたのが郵便報知新聞社の記者・藤田茂吉であり、その関係から犬養毅はアルバイトとして新聞の原稿を書くようになります。

ちなみに、郵便報知新聞社は名前から連想できるとおり現在の報知新聞です。記者の仕事を務める犬養毅は1877年の西南戦争が起こった際に政府軍の記者として従軍。現地からの戦争の様子を事細かく記事にした「戦争直報」は、人々の間で大変評判が良かったそうです。

犬養毅が25歳になった頃には書いた記事の人気はすさまじく、そこで犬養毅は慶應義塾を中退して東海社を作り、記者として「東海経済新報」を発刊するようになります。そして、記者の仕事を経て統計院・権少書記官という役人の仕事に就いたのでした。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

幼くして父を失った犬養毅の生活は貧しかったが、学力は優秀だった。そのため援助を受けて慶應義塾へと入学、アルバイトで始めた新聞の原稿が好評だったため東海社を作り記者として働く。その後、統計院の役人となったのだ。

犬養毅 ~役人辞職から文部大臣就任まで

image by PIXTA / 24169256

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
shintomoyui0311