国語言葉の意味

【慣用句】「気が置けない」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しくわかりやすく解説!

肝胆相照らす仲というのは、まさにA君とB君のような極めて親しい間柄を指すときに用いられる言葉だ。

あの店のオヤジなら気心の知れた間柄なので、私の紹介だと言えばあなたを快く受け入れてくれることでしょう。

#3 「気が置けない」の対義語は?

image by iStockphoto

では、逆に「気が置けない」対義語には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。「親しい」「仲が良い」の反対ですから、「親しくない」「仲が悪い」という意味のものも、たしかに対義語として使えそうですね。

しかし、ここでは「気が置けない」の本来の意味に注目して、その反対の「気を遣わざるをえない」という意味合いのものを紹介していきます。

「信用の置けない」

「信用の置けない」は、信用できないという意味の慣用表現です。これは、もちろん「気が置けない」の対義語として利用できます。

「信用できない」から「それほど仲が良くない」という理屈ですね。職場やクラスに一人や二人はそういった人がいませんか?

雑談程度はするけれども、深い話となるとそれはできないといった間柄。そういった人物を想像してみてください。

なお、パッと見が「気が置けない」と似ているので、誤用・混用には十分気を付けておきたいものです。

「気が許せない」

「気が許せない」もまた、「気が置けない」の対義語として用いることができます。この慣用表現は、警戒心を解くことができない注意すべきであるという意味で用いられるのが一般的です。

つまり、自分の手の内や本音を明かすのははばかられる関係だと考えてください。そういう人とは本当の意味で仲良くなることはできませんよね。

では、これらの慣用表現を用いた例文を確認しておきましょう。

あのフリーランスのライター、仕事はできるけれど、何となく信用の置けないところがあるんだよね。

企業経営のノウハウ伝授しますって近づいてきたいわゆる「コンサル」には、どこか気が許せない雰囲気があった。

#4 「気が置けない」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、「気が置けない」を英語ではどのように表現するのか見ていきましょう。

\次のページで「「be informal with ~」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: