日本史明治歴史

日本初の歌う新劇女優「松井須磨子」の芸能史における貢献を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。松井須磨子は大正時代に活躍した新劇女優だ。劇作家で小説家の島村抱月と不倫関係にありながら、生涯行動を共にしたことでも知られている。松井須磨子を語るとき、彼女の恋愛に生きる情熱が強調されることが多い。しかし、芸能史に多くの功績を残した人物でもあるんだ。

それじゃ、「松井須磨子」の人生を読み解きながら、明治から大正時代にかけての芸能史の出来事や変化を、日本史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。日本の芸能史をたどるとき「松井須磨子」を避けて通ることはできない。主に大正時代に活躍した「松井須磨子」は、さまざまな日本初の偉業を成し遂げ、日本の芸能史に変化をもたらした。パートナーである島村抱月との関係と共に、彼女の新劇女優としての活動を解説していく。

長野県に生まれた松井須磨子

松井須磨子
不明 – 自分のコレクション, パブリック・ドメイン, リンクによる

松井須磨子が生まれたのは長野県。明治19年の3月でした。実家があったのは現在の長野市松代町清野にあたる場所。彼女の「松井須磨子」は芸名で、小林正子が本名でした。

幼少期は住みかを転々とする松井須磨子

彼女の父親は小林藤太という名前の士族で、旧松代藩士でした。士族とは、旧武士階級などに相当する立場で、華族にはなれなかった人に与えられた身分です。大家族ながらも生活は豊かではなく、須磨子は養子に出されることになりました。

松井須磨子は、長谷川家の養女として小学校を卒業するものの、養父が亡くなります。そこで須磨子は再び実家に戻りました。しかしながら不幸なことに、すぐに実父も亡くなってしまいます。幼少期の須磨子は、2度も父を亡くすという悲しい経験をすることになりました。

離婚をきっかけに松井須磨子は女優になることを決断

17歳になった須磨子は、先に嫁いでいた姉を頼って上京することを決意。ちなみに姉の嫁ぎ先は「風月堂」。江戸時代中期に起源があり、現在の老舗洋菓子メーカーとして有名な和菓子屋でした。上京したあと須磨子は、現在の戸板女子短期大学である戸板裁縫学校に入学します。

須磨子はその後、ある男性と結婚後するものの、体の弱さから夫の実家との折り合いが悪くなりました。そのため結婚してから1年で離婚することに。それをきっかけに須磨子は今の状況を打破したいと大きな決断をします。それが女優を目指すことでした。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

松井須磨子の幼少期は父との死別など恵まれないものだった。この幼少期の別れの体験が、のちに島村抱月との大恋愛につながっていくのかもしれないな。次は、須磨子が女優を目指すプロセスを見ていこう。

女優になるために手段を選ばなかった松井須磨子

image by PIXTA / 41869677

女優を目指すことを決意視した松井須磨子は、俳優養成学校に願書を出します。面接まで進むものの、合格するには至りませんでした。その理由は彼女の顔立ち。須磨子の顔立ちは地味で、女優としての「華」に欠けていると判断されたのです。

当時の最新技術であった整形手術を実行

地味な顔立ちのままでは女優になれないと思った須磨子は、驚くべき決断をします。それが顔を整形すること。彼女は「低い鼻」を高くするためにワックスを注入する手術を実行。それにより女優松井須磨子としての顔立ちを獲得しました。

ただ、当時の美容整形の技術はとても低いもの。女優として成功したあとも須磨子は後遺症に苦しむことになります。注入したワックスはすぐにずれてしまうもの。さらに体の拒絶反応にも苦しめられます。そのため顔がはれて炎症を起こすことも少なくありませんでした。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke