英訳英語

【英語】「当たり前」は英語でどう表現する?「当たり前」の英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木とわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「当たり前」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「of cause」だが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC855点で、元学習塾英語講師であるライターYuを呼んだ。一緒に「当たり前」の英訳や使い方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/yu

元英語学習塾講師。外国語大学英米語学部卒業。1年間の交換留学、東南アジアバックパッカーの経験を活かし様々な視点から英語学習におけるコツを伝える。

「当たり前」の意味と使い方は?

それでは、「当たり前」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「当たり前」の意味

「当たり前」には、次のような意味があります。

1.そうあるべきこと。そうすべきこと。また、そのさま。「怒って当たり前だ」

2.普通のこと。ありふれていること。また、そのさま。並み。ありきたり。「ごく当たり前の人間」「当たり前の出来」

出典:goo国語辞書

「また」の使い方・例文

次に「また」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.太郎が悲しは当たり前だよ。太郎の犬が病気なんだから。
2.なぜ当たり前のことができないのですか。
3.「お父さんに謝るべきでしょうか?」「当たり前だ。」

\次のページで「「当たり前」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: