国語言葉の意味

【四字熟語】「盲亀浮木」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアがわかりやすく解説

この記事では「盲亀浮木」について解説する。

端的に言えば「盲亀浮木」の意味は「会うことが非常に難しいこと、めったにないことのたとえ。」ですが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んです。一緒に「盲亀浮木」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「盲亀浮木」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「盲亀浮木」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、元になった故事や経緯が重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「盲亀浮木」の意味は?

「盲亀浮木」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

もうきのふぼく

会うことが非常に難しいこと、めったにないことのたとえ。また、人として生まれることの困難さ、そしてその人が仏、または仏の教えに会うことの難しさのたとえ。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:『雑阿含経(ぞうあごんきょう)』一六との記載があります。

阿含経とは紀元前4世紀から紀元前1世紀にかけて編集されたお経の中国語訳のこと。仏教の説話がこの言葉のもとになっていることが分かるのです。

それでは、想像を膨らませてみてください。とっても長生きで、深い深い海の底に住む亀と大海に浮かぶ流木のお話です。

「盲亀浮木」の語源は?

想像してみてください。広い広い海の底に目の見えないカメが住んでいます。このカメ、100年だけ一度海面に浮きあがってくる。さて、その海面に真ん中に穴のあいた一つの丸太棒が浮いています。カメが浮き上がってきたタイミングでこの木がカメの上に来て、たまたま あいた穴にカメの頭が入り込むことはどのくらいの確立であるでしょうか。めったにないですよね。ゼロといってもいいほどに小さな可能性。これが盲亀の浮木の喩えです。

この喩えで何を言いたいのかといえば、今がチャンス!ということ。インドを源流とするアジアの死生観では魂は生まれ変わりを繰り返します(輪廻転生)。グルグルグルグル永遠に回り続ける運命。仏教はそこから抜け出すこと(解脱)、を目的としています。人間に生まれて仏教に出会えるなんて、盲亀の浮木並にありえないんだから今仏教やらないと損しますよ!それを表現したくてうまれたのがこの喩えです。

\次のページで「「盲亀浮木」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: