国語言葉の意味

【慣用句】「出藍の誉れ」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「出藍の誉れ」について解説する。

端的に言えば出藍の誉れの意味は「弟子がその師よりもすぐれていること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「出藍の誉れ」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「出藍の誉れ」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

意味は同じでも、もう少し詳しく「青は藍(あい)より出(い)でて藍より青し」と表現されたり、四字熟語として「出藍之誉」と表すこともありますよ。

「出藍の誉れ」の意味は?

「出藍の誉れ」には、次のような意味があります。「出藍の誉れ」という文字だけでは、なかなか意味をイメージしづらい表現になってるので、詳しく見ていきましょう。

1.弟子がその師よりもすぐれていること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「出藍の誉れ」の意味は「弟子がその師よりもすぐれていること」で、もともとは師弟関係について述べられた表現でした。しかし、現在では芸事やスポーツ、勉強や研究などの世界で使う場面がありそうですね。

また、今では「弟子のほうがすぐれているようす」を意味しますが、もともとは「努力や継続は大切である」という文脈からの「出藍の誉れ」でした。そのため、成長を促す意味での励ましや戒めの意味合いがあったわけです。

「出藍の誉れ」の語源は?

次に「出藍の誉れ」の語源を確認しておきましょう。「青は藍より出でて藍より青し」と同義ですが、こちらのほうは意味合いをとらえやすい表現ですね。語源のもとは、中国の荀子の言葉が元になっていますよ。

「藍」とは布を青色に染める染料としての藍草のことで、藍草で染めると藍草よりも鮮やかな青色になります。このことを師弟の関係に置き換えて、師匠より弟子のほうが学識や技術において秀でるという意味になりました。

また、意味のところで記載した通り、この「出藍の誉れ」は「学問は中断してはいけない」という言葉のあとに書かれていたものです。そのため、もともとは、結果としてどうだったかではなく今後を期待して言った言葉だったのですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810