イギリスヨーロッパの歴史世界史歴史

名誉革命で倒れたイギリス最後のカトリック王「ジェームズ2世」の生涯について歴女が解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は17世紀のイギリスに君臨したジェームズ2世についてだ。イギリスはテューダー朝のヘンリー8世の時代にカトリック国からプロテスタントへ国教を変えた国だったが、ジェームズの兄チャールズ2世が死去した際にカトリック教徒のジェームズがイギリス王となり、イギリスを再びカトリック国へと転換する危機を招いた人物だ。今回はイギリス王室に詳しいまぁこと一緒にジェームズ2世の生涯を詳しく解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/まぁこ

ヨーロッパ史に詳しいアラサー歴女。特にヨーロッパの王室に関する書籍を愛読中!今回はイギリス王ジェームズ2世の家族や彼の生涯、名誉革命について解説していく。

 

1 ジェームズ2世とは?

image by iStockphoto

ジェームズ2世は、17世紀のイギリス国王(正確にはイングランド国王)です。イギリスはプロテスタント国でしたが、兄チャールズ2世に子がいなかったため、カトリック教徒の弟ジェームズが即位することに。ジェームズ2世の家族は有名な人物が多く、ここではロイヤルファミリーについて解説していきます。

1-1 波乱の幼少期だったジェームズ

ジェームズ2世は1633年にイギリスのセント・ジェームズ宮殿で生まれました。彼は母ヘンリエッタの影響からカトリック教徒となることに。ちなみに兄のチャールズ2世も実はカトリック教徒だったのではないかと言われています。ジェームズが7歳の時に、イギリスではピューリタン革命が勃発。国王一家はオックスフォードへ逃れますが、1646年にオックスフォードが陥落。ジェームズはセント・ジェームズ宮殿に幽閉されることになりました。幽閉から2年後に女装して脱出し、オランダへ亡命。翌年には父チャールズ1世が処刑されることに。こうしてジェームズら一家は母ヘンリエッタの故郷フランスへ亡命することに。

1-2 祖父はブルボン朝の始祖

チャールズ2世、ジェームズ2世の母はフランス王女ヘンリエッタ・マリア。そして彼女の父はフランスのブルボン朝を開いたアンリ4世です。アンリ4世と言えば、16世紀に起こったフランスのユグノー戦争でプロテスタントの党首をし、その後の3アンリの戦いを制した人物として有名ですよね。ブルボン朝を開いた後に、国内の安定を図り、自身の宗教をカトリックへと改宗し、ナントの勅令(王令)を出したことでも知られていますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

アンリ4世はユグノー戦争中や戦争が終結した後に自身の宗教を変えたことから、宙返りのアンリと呼ばれているんだ。ちなみにアンリ4世のあだ名はそれだけじゃなく、「艶福王」という名も。これは多くの恋人がいたため呼ばれるようになったそうだ。

1-3 父はピューリタン革命で処刑されたチャールズ1世

母方の祖父はフランス国王というジェームズ2世。そして彼の父はイギリスにおいて処刑されることになったチャールズ1世。彼はピューリタン革命によって捕らえられ、処刑されることに。その後に権力を握ったオリバー・クロムウェル護国卿となりますが、彼の死後は王政復古により兄のチャールズ2世がイギリス国王となることに。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: