国語言葉の意味

語源は『韓非子』!「信賞必罰」の意味・使い方・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

この記事では「信賞必罰(しんしょうひつばつ)」について解説する。
端的に言えば、信賞必罰の意味は「賞罰を厳正に行うこと」です。その語源は『韓非子(かんぴし)』にある。ビジネスシーンにも大きな影響を与えている言葉だから、意味や語源をしっかり押さえておこう。
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んです。「信賞必罰」の意味や語源をチェックし、例文や類義語などを見ていきます。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「信賞必罰」の意味・語源・使い方

image by iStockphoto

さっそく「信賞必罰」の意味をチェックし、例文で使い方を見ていきましょう。

「信賞必罰」の意味

まず、国語辞典で「信賞必罰」の意味をチェックしましょう。

功績があれば必ず賞を与え、罪があれば必ず罰すること。賞罰のけじめを厳正にし、確実に行うこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「信賞必罰」

「信賞」は「必ず賞を与える」、「必罰」は「罪を犯した者は必ず罰する」ということ。「信賞必罰」とは、功績があった者には必ず賞を与え、罪を犯した者や大きなミスがあったものは必ず罰する、つまり「賞罰を厳正に、確実に行うこと」という意味です。

「信賞必罰」の使い方

次は例文で「信賞必罰」の使い方を見ていきましょう。

\次のページで「「信賞必罰」の語源は『韓非子』」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: