国語言葉の意味

【四字熟語】「一意専心」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一意専心」について解説する。

端的に言えば一意専心の意味は「他のことを考えず、一つのことに集中すること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「一意専心」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「一意専心」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一意専心(いちいせんしん)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一意専心」の意味は?

「一意専心」には、次のような意味があります。基本的な意味のほか、そこからイメージされる意味合いまで詳しくチェックしていきますよ。

1.他に心を動かされず、ひたすら一つのことに心を集中すること。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

「一意専心」について、「一意」の部分を「意識を統一する」、「専心」のほうは「心を集中させる」という意味として「一つのことに集中する」ことを表します。

さらに言うと、わき目もふらず一つのことに集中することによって、その取り組みの質を高めて効果を大きくするものであるという意味合いが含まれていますよ。集中することで成果を上げるというプラスの意味で使われる表現です。

「一意専心」の語源は?

次に「一意専心」の語源を確認しておきましょう。「一意専心」という言葉は、中国の戦国時代から漢の時代に書かれた「管子」という書物に由来します。

管子には、「一意摶心」として「専」のところを「摶」という字が使われていますが、同じ「もっぱら」という意味です。管子の本文には「全身が健全で、血液や気息が安静で、意識を統一し心を集中し、耳や目が乱されなければ遠いものでも近くあるようにはっきり知覚できる」とあります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810