国語言葉の意味

志は最後まで!「初志貫徹」 の意味や使い方、類義語を院卒日本語教師がわかりやすく解説

「初志貫徹」という言葉を知っていますか。この「初志貫徹」というのは、ずばり言えば「最初に思い立った志を最後まで」という意味です。「東大に合格するぞ!」と志を決め、実際に合格する人はカッコいいですね。「初志貫徹」はプラスの印象を与えることばでもある。

今回は、その「初志貫徹」について、意味や類義語、対義語などを大学院卒の日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「初志貫徹」の意味と使い方

image by iStockphoto

「初志貫徹(しょしかんてつ)」という言葉、聞いたことがない人はあまりいないのではないのでしょうか。ただ、混同しやすい表現があったり、少しい意味の違う類義語があったりするのも事実です。まずは、意味と使い方を確認していきましょう。

「初志貫徹」の意味は「最初に思い立った志を最後まで」

「初志貫徹」の意味について、国語辞典では次のような意味が掲載されています。

最初に思い立ったこころざしを最後までつらぬきとおすこと。

*城〔1965〕〈水上勉〉一一「隣村の同志を失って、庄左衛門は悲歎に暮れたと共に、ますます初志貫徹の意志に燃え、このまま文太夫につづいて獄死するとも悔いまじと、歯を喰いしばって」

出典:日本国語大辞典(小学館)「しょし‐かんてつ[‥クヮンテツ] 【初志貫徹】」

「初志貫徹」は「最初に思い立った志を最後まで貫き通すこと」という意味の四字熟語です。

例えば受験を例にすると、「東京大学に合格するぞ!」と決めたら、合格するまで決して諦めず努力を続けることを「初志貫徹する」と言います。実際に合格した場合は「初志貫徹した」となりますね。

この「最初に思い立った志を最後まで貫き通すこと」というのはなかなか難しいものです。よって、この四字熟語は”偉い”、”立派”といったプラスのニュアンスで使用されることが多いですね。

「初志貫徹」の使い方を例文と一緒にチェック

続いて、「初志貫徹」の使い方を例文と一緒にチェックしていきましょう。「初志貫徹する」といったように動詞化して使用する場合と、四字熟語としてそのまま利用する場合がありますが、意味は変わりません。

\次のページで「「初志貫徹」の類義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: