英語の熟語

【英語】1分でわかる!「… has it that ~」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「… has it that ~」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…によれば~ということである。」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC 910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んだ。一緒に「… has it that ~」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

gabriel3212006

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある。 

熟語「… has it that ~」の意味は?

image by iStockphoto

「…has it that ~」は「…によれば〜ということである」という意味です。ネイティブの方はよく「…has it that ~」を使い、伝言します。ネイティブのようにうまく英語で伝言したいなら、是非「…has it that 〜」の意味と使い方を覚えておきましょう。

意味「…によれば〜ということである」

前述の通り、「…has it that ~」は「…によれば〜ということである」という意味です。「…has it that ~」は伝言の源が伝言の源が不明な場合に多く用いられます。

では、例文を見てみましょう。

Rumour has it that there will be an epidemic outbreak soon.
噂によれば、近いうちに感染病が拡散されるということです。

Report has it that it will be a long winter this year.
今年は冬が長くなるそうです。

Tradition has it that this picture was drawn by Gabriel.
この絵はガブリエルの作という言い伝えがあります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「… has it that ~」の使い方がわかったな。「… has it that 〜」は噂や伝説など情報源が不明な場合に用いられることが多いぞ。

熟語「… has it that ~」の言い換えや、似た表現は?

「… has it that 〜」の似た表現として、「as reported by ~」と「according to ~」があります。では、それぞれの使い方を例文と一緒に確認しましょう。

次のページを読む
1 2
Share:
gabriel3212006