日本史

平城京から平安京へ。一大事業を成し遂げた「桓武天皇」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

よぉ、桜木健二だ。平安神宮に祀られている「桓武天皇」は奈良時代から平安時代にかけて活躍した天皇だ。タイトル通り平城京から平安京への遷都が一番知られているな。

だが、桓武天皇はそれだけじゃない……が、これは本記事で歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は源義経をテーマに執筆。奈良時代、平安時代のどちらにおいても重要人物として名前を残す桓武天皇。これまでの記事でもたくさん登場しているため、詳しくなった。

1.平城京から平安京へ

image by PIXTA / 29594349

奈良時代の終わり

奈良時代末期、「藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱」から「道鏡事件」と続き、朝廷は大波乱に満ちていました。さらに770年に称徳天皇が崩御すると、今度は後継者問題が浮上します。生涯独身だった称徳天皇に後継者はおらず、また、政情不安から度重なった政変によって多くの皇族が粛清されていたのです。

そんななか立太子されたのが、62歳の白壁王でした。白壁王はそれまで続いていた天武天皇の血筋ではなく、天智天皇(中大兄皇子)の孫にあたる皇族です。天武朝では一番に粛正に合いそうなものですが、白壁王は酒におぼれたふりをして難を逃れていたのでした。

白壁王は即位して光仁天皇となると、なんと70歳まで政務に努めあげます。その光仁天皇の跡を継いだのが、今回のテーマとなる「桓武天皇」でした。

遷都への決意

光仁天皇は称徳天皇の御代にさかんに行われていた法会をとりやめたりして朝廷と仏教を遠ざける方針をとっていました。光仁天皇の息子・桓武天皇もまたその方針を受け継ぎます。

ただし、仏教を遠ざけたからといって、ないがしろにしたわけではありません。当時の日本には仏教の力で国を守る「鎮護国家」の思想があり、光仁天皇、桓武天皇ともに仏教を尊重していました。これは道鏡のような権力に入り込もうとする僧侶を出現させないための方針だったのです。

しかし、奈良仏教各寺から朝廷への干渉や専横は、すぐにでも解決しなければならない問題でしたから、桓武天皇は寺院勢力から政治を切り離すため平城京から都を遷すことにしました。そうして最初に選ばれたのが山背国(京都府南部)の長岡京だったのです。

藤原種継の暗殺事件

image by PIXTA / 15018431

784年、桓武天皇は側近の「藤原種継」らに命じて長岡(京都府向日市と長岡京市のあたり)を調査させて遷都しました。もちろん、奈良の寺院の移転は許していません。これでようやく問題は解決……されませんでした。実は、この遷都には寺院勢力だけでなく、貴族からの反対も大きかったのです。

その不満は翌年「藤原種継の暗殺」となって長岡京に最初の影を落としました。

早良親王のたたり

藤原種継の暗殺には、奈良の大仏で有名な東大寺に関わる役人も複数いたとされています。

また、東大寺は、桓武天皇の弟「早良親王」が子どものころに出家して所属していたお寺でした。実際に早良親王が暗殺事件に関係していたかはわかりません。しかし、早良親王が還俗(僧侶をやめて普通の人に戻ること)した後も東大寺との関係があったことから、暗殺事件への関与を疑われて流罪となってしまったのでした。無罪を訴えるため、早良親王は絶食して亡くなってしまいます。

長岡京に異変が起こったのは、それからしばらく経ったあとのことでした。桓武天皇の母親・高野新笠、それに妃三人が次々と病死し、皇太子の安殿親王(のちの平城天皇)が病にかかり、さらに都には大雨や洪水などの災害と疫病の流行が起こったのです。立て続く凶事に、人々は早良親王が都を祟っているのだと恐れました。

桓武天皇は早良親王のたたりを鎮めようと法会を行いますが、どんな法会も効果はなく……。結局、たたりの続く長岡京は捨てられることになりました。

長岡京が日本の都だったのはわずか十年。784年から794年までのことです。

鳴くよウグイス平安京

image by PIXTA / 21604897

長岡京から、現在の京都市市街にあたる平安京へと遷都したのが794年。

「794年(鳴くよ)ウグイス平安京」の語呂合わせが有名ですね。ここが奈良時代と平安時代の区切りになります。また、江戸時代が終わるまでの千年以上もの間、平安京は日本の首都となりました。

ついでなので、奈良時代の語呂合わせもセットで覚えておきましょう。奈良時代は「710年(なんと)素敵な平城京」です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

桓武天皇は寺院勢力が政治に干渉するのを嫌って、切り離すために平城京から遷都した。まさに物理的に政治と奈良仏教を引き離したわけだな。まあ、遷都も一筋縄ではいかず、「藤原種継暗殺事件」や「早良親王のたたり」から、せっかく建てた長岡京を捨てることになった。それからようやく平安京へ遷ったんだな。

2.桓武天皇の治世

「南都六宗」から「平安二宗」へ

image by PIXTA / 32000721

奈良の仏教は「三論宗」「成実宗」「法相宗」「倶舎宗」「華厳宗」「律宗」の六つを合わせた「南都六宗」、あるいは「奈良仏教」といいました。

その南都六宗の政治への干渉を物理的に切り離した桓武天皇。しかし、仏教をないがしろにしたいわけではありませんから、南都六宗に対抗できる新しい仏教が必要だったのです。

そこで朝廷は僧侶を「唐」へ派遣して新たな宗派を日本に持ち帰らせたのでした。そうして、「最澄」が比叡山(滋賀県と京都府)に延暦寺を建てて「天台宗」を、「空海」が高野山(和歌山県)に金剛峯寺を建てて「真言宗」を開きました。最澄はのちに「伝教大師」、空海は「弘法大師」として広く知られます。特に弘法大師は「弘法も筆の誤り(名人でも失敗することはある)」とことわざにもなっていますね。

「天台宗」と「真言宗」

「天台宗」と「真言宗」はともに「密教」と呼ばれるもので、山にこもって修行することで悟りを目指すというスタイルです。

奈良の南都六宗に対して、平安時代に隆興した「天台宗」と「真言宗」を「平安二宗」といいました。桓武天皇の二代先の嵯峨天皇の時代には、真言宗の修法を行う「真言院」が奈良の東大寺、そして宮中にに建てられ、さらに京都の東寺を真言密教の道場として「教王護国寺」と改められます。

鎮護国家の中心だった東大寺と、まさに国の中心の宮中に真言院が設立されたということは、つまり、朝廷は密教を新たに鎮護国家の仏法とした証なのです。

東北の蝦夷たちとヤマト朝廷の関係

宗教を新たに整える一方、朝廷に従わない勢力についても対策しなければなりません。昔の日本は、現代のように最初からひとつの国ではなかったのです。

奈良時代末期の東北地方にはヤマト朝廷に従わない「蝦夷(えみし)」と呼ばれる人々が住んでいました。従わないと言っても蝦夷の人々全員が全員ヤマト朝廷と敵対しているわけではなく、敵対する集団もあれば、積極的に朝廷に接近する集団もある、といった具合です。

友好的な集団がいるにしても、蝦夷との関係をいつまでもこのままにしておくことはできませんよね。

蝦夷の英雄「アテルイ」と征夷大将軍「坂上田村麻呂」

蝦夷のなかでも特に朝廷を悩ませたのが、蝦夷の族長のひとり「アテルイ(阿弖流為)」でした。アテルイは岩手県のあたりを中心に活動しており、アテルイの率いる蝦夷たちは非常に手強く、何度も朝廷の軍勢を破っています。その抵抗は、朝廷側のものだけでも十数年にわたっているとされていました。

アテルイに対抗すべく、桓武天皇は、796年に武門の誉と名高かった坂上家の「坂上田村麻呂」を「征夷大将軍」に任命して蝦夷征討の任に当たらせます。彼は東北で着々と戦いの準備を進め、ついにアテルイたちに降伏させたのです。

坂上田村麻呂の助命嘆願もむなしく

image by PIXTA / 13392259

坂上田村麻呂は降伏したアテルイと、もうひとりの族長「モレ(母礼)」をすぐには処刑しませんでした。むしろ逆に、坂上田村麻呂は彼らの助命嘆願の手紙を朝廷へ送ったのです。これまで散々朝廷に煮え湯を飲ませてくれた相手の命を救おうとする坂上田村麻呂の行為は、朝廷への裏切りを疑われる可能性もありましたから、これは大変勇気のいる行動ですね。

けれど、都の公卿たちは坂上田村麻呂の嘆願を受け入れてはくれませんでした。「アテルイたちをみすみす生かしておくのは、いつ襲ってくるかわからない虎を飼うようなものだ」と公卿たちは非常に蝦夷を恐れていたのです。

そうして、アテルイとモレはの河内国(大阪府東部)の椙山というところで処刑されてしまいました。

徳政相論を行わせる

アテルイたちが処刑されたのちに、坂上田村麻呂は二度目の征夷大将軍任命を受けて東北へ旅立ちます。

一方、そのころの平安京の桓武天皇は、参議(現代でいう議員)の藤原緒嗣(ふじわらのおつぐ)と菅野真道(すがののまみち)に政治の問題点について議論をさせました。

805年にふたりが行ったこの議論を「徳政相論」といいます。

蝦夷東征の中止

徳政相論で、藤原緒嗣は「人々を苦しめているのは蝦夷征討と、平安京の建設だ」と主張します。

さて、この当時、軍隊を率いるのは朝廷に勤める武官たちでしたが、下の一般兵士は徴兵した農民たちでした。ただでさえ税を払うのに精一杯なのに、働き手を取られ、しかも戦いになれば生きて帰ってこれるかもわかりません。人々にとって最も重い負担は兵役だったのです。

菅野真道は必死に反論しましたが、結局、桓武天皇は藤原緒嗣の意見を採用して蝦夷征討を中止、さらには軍隊を廃止してしまいます。

中止を受けた坂上田村麻呂は平安京に戻ることとなりましたが、本来なら臨時職であるはずの「征夷大将軍」の称号を生涯持ち続けました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

坂上田村麻呂が任命された「征夷大将軍」。これは本来、読んで字のごとく「蝦夷征討軍の大将」という意味だった。だが、後世を見てみると鎌倉幕府の源頼朝や江戸幕府の徳川将軍たちはみんな征夷大将軍になっている。別に彼らが蝦夷と戦ったからってわけじゃない。後世になると「征夷大将軍」の肩書は変化して、日本のすべての武士の棟梁であり、幕府で最も偉い人物が持つ位となったからだ。

軍隊を廃止して「健児制」導入

徳政相論の結果、桓武天皇は、外的脅威のある所、たとえば、蝦夷との最前線の陸奥国や出羽国や、朝鮮半島や大陸からアクセスしやすい佐渡国(新潟県佐渡市、佐渡島)、西海道諸国(九州とその周辺)などの要所を除いた諸国の常備の軍隊を廃止してしまいます。

そして、代わりに導入されたのが「健児(こんでい)制」でした。

「健児制」は、地方官や農民の子弟のなかから武芸に秀でたものを選抜した「健児」を集めて各国の要所や国庫の守備に当たらせる制度です。健児制のおかげで農民たちは兵役の負担から解放されることとなり、農業に専念することができるようになりました。

かなり思い切った政策を行った桓武天皇でしたが、しかし、実は健児制は不十分だったのです。健児たちは警察ではないのですから、個人同士の諍いはもとより、大規模な反乱にも対応できる戦力ではありませんでした。こうして、日本は実質無政府状態となったのです。

ただ、都だけは検非違使(当時の警察)が設立されて、治安回復と維持がなされています。

地方役人の不正を取り締まる勘解由使

地方へ派遣された国司(役人)が任期を終えたとき、引継ぎが行われた証として、後任から前任に「解由状」が発行されます。けれど、時代が進むにつれて利権問題が発生して前任と後任の間でもめ事が起こるケースが増えるようになりました。

そんな地方行政にテコ入れを行うため、桓武天皇は「勘解由使(かげゆし)」という地方行政の監査、監督を行う機関を新設します。

勘解由使は国司たちの紛争を抑えるのみならず、少し後には都の各官職の交代時にも監査を入れる地方、中央ともに重要な役職となりました。

改善を目指し続けた桓武天皇

奈良時代末期、寺院勢力による政治への介入を物理的に引き離して遷都を決めた桓武天皇。長岡京で辛酸を舐めつつも、平安京遷都に成功し、以降、江戸時代が終わるまでの長きにわたって日本の首都であり続けます。東北の蝦夷征討で大きな成果を上げたことも、遷都と並んでよく知られる桓武天皇の事業です。また、軍隊の廃止や勘解由使の設置など、思い切った政策を行いました。

Share:
riri_ririco