国語言葉の意味

【慣用句】「朱に交われば赤くなる」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「朱に交われば赤くなる」について解説する。

端的に言えば朱に交われば赤くなるの意味は「人は周囲の人や環境に左右されやすい」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「朱に交われば赤くなる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「朱に交われば赤くなる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「朱(しゅ)に交われば赤くなる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。詳しく見ていくことで正確な意味をつかむことにつながりますよ。

「朱に交われば赤くなる」の意味は?

「朱に交われば赤くなる」には、次のような意味があります。今でも幅広く使える表現なので、正確な意味を知っておき使いこなせるようにしておくといいですね。

1.人は交わる友、また環境によって、良くも悪くもなる。

出典:大辞林 第三版(三省堂)

友や環境によって良くも悪くもなるということですが、人間にはどうしても周囲に感化されてしまうということがあります。現実を目にしたり、身近な人のことを見聞きすることの影響は大きいのですね。

また、感化されるのは善悪両面あります。良い行いをする人に囲まれて良くなることもあれば、その逆に悪い行いをする人に囲まれていれば悪くなることもあるということです。

「朱に交われば赤くなる」の語源は?

次に「朱に交われば赤くなる」の語源を確認しておきましょう。中国の古いことわざがもとになっていますよ。

中国に「近墨必緇、近朱必赤」という言葉があり、「墨に近づけば必ず黒く、朱に近づけば必ず赤くなる。」という意味を表しています。そのうち、日本では朱のほうだけがよく使われるようになったということです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810