日本史歴史江戸時代

8代将軍吉宗が定めた徳川将軍家の分家「御三卿」とは?歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ、今回は御三卿を取り上げるぞ。吉宗が作った将軍家の分家だったっけ、いろいろと詳しく知りたいよな。

その辺のところを江戸時代が大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、江戸時代の将軍家にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、御三卿について5分でわかるようにまとめた。

1-1、御三卿とは

Tokugawa Yoshimune.jpg
狩野忠信 – The Japanese book “Exhibition of the Treasures and Papers of the Tokugawa Shogunal Household”, パブリック・ドメイン, リンクによる

御三卿(ごさんきょう)は、江戸時代中期に徳川将軍家の一族から分家した大名家の田安家、一橋家、清水家の3家のこと。

田安家の初代は8代将軍吉宗の次男宗武、一橋家初代は8代将軍吉宗の4男宗尹(むねただ)、清水家初代は9代将軍家重の次男重好。徳川将軍家に跡継ぎがないときは御三卿から跡継ぎを出す資格のある家柄。

尚、徳川家の連枝は跡継ぎではない格下のものは、「松平」姓を名乗るが、田安、一橋、清水はそれぞれの屋敷のある地名で通称、本姓は「徳川」姓。

明治維新後は新政府によって、それぞれ独立した一家とされ、明治17年(1885年)の華族令では3家それぞれが伯爵を受爵したそう。

1-2、御三卿の成り立ち

8代将軍吉宗は、御三家の一つである紀州家から出て徳川将軍家の宗家を継いだ人。しかし吉宗が宗家の跡取りに選ばれる前は、御三家筆頭の尾張藩7代藩主の徳川宗春と宗家継承をめぐって激しく対立した経験があり、また吉宗の長男家重が言語不明瞭で政務が執れるような状態では無いという問題を抱えていたのが、御三卿成立の発端ということ。

長男家重については、老中松平乗邑(まつだいら のりさと)が、将軍にふさわしくないと家重を廃嫡し、優秀な次男宗武を将軍に擁立を試みたほどで(家重が将軍に就任後、乗邑は失脚し、宗武も謹慎処分に)、吉宗は、3代将軍家光と弟忠長の例にもあるように、長幼の序を乱すと泥沼のお家騒動に発展しかねないことと、家重の嫡男で次代将軍予定の家治が優秀だということで家重を跡継ぎに決定。

そして江戸時代中期となれば、徳川宗家の後嗣を出す役割を担った徳川御三家と将軍家との血縁関係がかなり遠くなったことを理由に、御三家とは別に吉宗個人の親族を将軍家の新たな藩屏とするために、田安家、一橋家を創設。後に家重の次男重好の清水家が追加で御三卿が成立。

以後、将軍家の後嗣がなくなれば御三卿から将軍家になるという将軍の家族、近い分家という存在に。その後、一橋家から11代将軍家斉、15代将軍慶喜が、田安家から16代徳川家達が徳川宗家を相続することに。 また徳川御三家や他大名家に後継者がない場合も、御三卿の公子をさっさと養子として提供するという役目も担うことに。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

暴れん坊将軍吉宗は、長男が心配だったために分家を作ったのか

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica