タンパク質と生物体の機能理科生物

壊血病とはどんな病気?その歴史も合わせて現役講師がわかりやすく解説!

今回は壊血病という病気について学んでみよう。

壊血病は、現代の日本で発症することはほとんどない病気です。しかしながら、古い時代には多くの人々を震え上がらせた。その歴史とともに、壊血病の症状やメカニズムを学習しよう。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおうじゃないか。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

壊血病とは?

壊血病(かいけつびょう)は、ビタミンC(またはL-アスコルビン酸)の不足によって体にさまざまな異変が起きる病気です。年齢に関係なくかかる可能性がありますが、現れる症状には大人と子供で少し違いがあります。

壊血病の症状(大人)

大人が壊血病になると、以下のような症状が現れます。

・皮膚や粘膜からの出血
・歯肉からの出血や、歯肉炎、歯が抜ける
・脱力感、体重の減少、貧血
・関節炎
・傷のなおりが遅くなる、昔の傷がひらく

とくに、体のあちこちで出血が起きるというのが大きな特徴です。

健康な体には常時ビタミンCが必要ですが、これらの症状は体内のビタミンC量がおおむね500mgを下回ると現れてくるといわれています。

壊血病の症状(子ども)

身体をつくっている真っ最中の幼い子どもでは、大人以上に深刻な症状が現れるので注意が必要です。とくに、生後半年から1年の子どもで生じた壊血病はメレル・バロウ病(もしくはメーラー・バーロー病)という名称でよばれることがあります。

子どもの場合にみられる主な症状は以下のようなものです。

\次のページで「ビタミンCのはたらき」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: