この記事では「酒は百薬の長」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「Good wine makes good blood.」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

個別指導塾で受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「酒は百薬の長」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

「酒は百薬の長」の意味と使い方は?

「酒は百薬の長」は、お酒を飲むのが好きな人がよく口にする言葉ですね。

それでは、「酒は百薬の長」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「酒は百薬の長」の意味

「酒は百薬の長」という言葉の意味や使い方は、広く知られています。しかし「百薬」、「百薬の長」など部分的に考えると、少し難しく感じるのではないでしょうか。そこで、「酒は百薬の長」と「百薬」の意味を調べてみました。

「酒は百薬の長」には、次のような意味があります。

《「漢書」食貨志から》酒はほどよく飲めば、どんな薬よりも健康のためによい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「酒は百薬の長」

数多くの薬。あらゆる薬。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「百薬」

「酒は百薬の長」の使い方・例文

「百」には数字の「100」以外に、「数が多い」という意味もあり、「百科事典」「百貨店」などの「百」はその意味で使われています。つまり「百薬」が「数多くの薬」という意味になるのは、そのためです。

次に「酒は百薬の長」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.いくら「酒は百薬の長」だとしても、飲み過ぎはだめだよ。
2.ごく最近、「酒は百薬の長」という考え方に警鐘を鳴らすような研究が発表された。
3.気の置けない仲間と楽しくお酒を飲むと、まさに「酒は百薬の長」だと感じる。

\次のページで「「酒は百薬の長」の英語での表現は?」を解説!/

「酒は百薬の長」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

実は英語にも同じような意味を持つことわざがあります。

「酒は百薬の長」の英語表現

「Good wine makes good blood.」は、「良いワインは、良い血液を作る」という意味です。簡単な単語ばかりで構成されているので、わかりやすいですね。「make」の代わりに「生む」「発生させる」などの意味がある「engender」という単語が使われることもあります。

イタリアやフランスにも同じようなことわざがあるようなので、昔から世界のあちこちで適量のお酒は健康を増進すると考えられてきたのでしょう。

1.There is an old saying that good wine makes good blood.
「良質のワインは良い血液を作る(酒は百薬の長)」という古いことわざがある。

2.As the proverb goes, "Good wine engenders good blood."
ことわざにもある通り、「酒は百薬の長」だよ。
I strongly agree with that.
それには強く同意するね。

「Good wine makes good blood.」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

お酒を使った同じような表現がまだいくつかあり、どれもお酒を飲むのは健康に良いという意味を表します。

「酒は百薬の長」を意味する他の英語表現

「Good wine makes good blood.」以外のよく使われている表現を例文でご紹介します。例文1に出てくる単語「panacea」は「万能薬」や「万能の策」の意味で、例文2の「drunkard」は「大酒飲み」、「physician」は「(内科の)医者」の意味です。

そして例文3は、「酒は百薬の長」をそのまま英語にしたものですが、これでも十分に通じます。ことわざが思い出せない時は、知ってる単語や熟語を使って表現してみましょう。

\次のページで「「酒は百薬の長」を英語で言ってみよう」を解説!/

1.Wine is panacea of all ill.
ワインはあらゆる病気の万能薬である。

2.There are more old drunkards than old physicians.
老いた医者より、老いた酒飲みの方がたくさんいる。

3.Drinking is better than any other medicine.
お酒は他のどんな薬よりも優れている。

「酒は百薬の長」を英語で言ってみよう

この記事では「酒は百薬の長」の意味・使い方・英訳を説明しました。「酒は百薬の長」と聞くと、お酒好きの人がよく使う「言い訳」のようなイメージですが、探してみると日本だけでなく世界中に似たような表現があるのがわかります。ただし、「酒は百毒の長」などという表現もあるようなので、お酒は適量を守って楽しく飲むのが一番だということですね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】「酒は百薬の長」は英語でどう表現する?「酒は百薬の長」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説! – ページ 2 – Study-Z
英訳英語

【英語】「酒は百薬の長」は英語でどう表現する?「酒は百薬の長」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

「酒は百薬の長」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

実は英語にも同じような意味を持つことわざがあります。

「酒は百薬の長」の英語表現

「Good wine makes good blood.」は、「良いワインは、良い血液を作る」という意味です。簡単な単語ばかりで構成されているので、わかりやすいですね。「make」の代わりに「生む」「発生させる」などの意味がある「engender」という単語が使われることもあります。

イタリアやフランスにも同じようなことわざがあるようなので、昔から世界のあちこちで適量のお酒は健康を増進すると考えられてきたのでしょう。

1.There is an old saying that good wine makes good blood.
「良質のワインは良い血液を作る(酒は百薬の長)」という古いことわざがある。

2.As the proverb goes, “Good wine engenders good blood.”
ことわざにもある通り、「酒は百薬の長」だよ。
I strongly agree with that.
それには強く同意するね。

「Good wine makes good blood.」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

お酒を使った同じような表現がまだいくつかあり、どれもお酒を飲むのは健康に良いという意味を表します。

「酒は百薬の長」を意味する他の英語表現

「Good wine makes good blood.」以外のよく使われている表現を例文でご紹介します。例文1に出てくる単語「panacea」は「万能薬」や「万能の策」の意味で、例文2の「drunkard」は「大酒飲み」、「physician」は「(内科の)医者」の意味です。

そして例文3は、「酒は百薬の長」をそのまま英語にしたものですが、これでも十分に通じます。ことわざが思い出せない時は、知ってる単語や熟語を使って表現してみましょう。

\次のページで「「酒は百薬の長」を英語で言ってみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: