化学

意外と知らない?「毒物」と「 劇物」の違いを元塾講師がわかりやすく解説

今回は「毒物」と「劇物」の違いについて勉強していこう。

どちらもヤバそうなもの、というのは何となくわかるよな。じゃあその違いはどこにあるんでしょうか。

毒物劇物取扱責任者の資格を持ち、化学に詳しいライターAyumiと一緒に解説していきます。

ライター/Ayumi

理系出身の元塾講師。わかるから面白い、面白いからもっと知りたくなるのが化学!まずは身近な例を使って楽しみながら考えさせることで、多くの生徒を志望校合格に導いた。

1.「毒〇〇」と「劇〇〇」で考える

「毒物」と「劇物」について考える前に、「毒〇〇」と「劇〇〇」の例をとってイメージを掴んでみましょう。どんなものを思い浮かべますか?

1-1.毒のつく言葉

image by iStockphoto

毒物、毒薬、有毒、毒きのこ、ふぐ毒など、毒のつく言葉はたくさんありますよね。感覚的に「毒」と聞くと体に悪いどころか「死に至るような身体への悪影響」を想像する人が多いのではないでしょうか。

1-2.劇のつく言葉

image by iStockphoto

一方で劇のつく字はそれほど多くありません。すぐ思い付くものといえば今回のテーマである劇物、劇薬くらいでしょうか。劇務や劇痛という言葉もありますが、激の字を当てるのが一般的です。いずれにしても、毒がつくものよりも言い方はちょっとアレですが「死にはしない」というイメージがあるかもしれませんね。

2.「毒物」と「劇物」

image by iStockphoto

それでは「毒物」と「劇物」の定義について見ていきましょう。

実は毒物も劇物も、対象物質が劇物取締法によって指定されています。詳しい一覧はこちらをご覧いただくとして、本記事では毒物劇物の判定基準について読み解いていきましょう。

\次のページで「2-1.表記方法」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: