この記事では「晴耕雨読」について解説する。

端的に言えば晴耕雨読の意味は「晴れの日には畑を耕し、雨の日には本を読む」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

活字好き家系出身の森野みどりを呼んです。一緒に「晴耕雨読」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/森野みどり

編集者の叔母、子ども文庫を主宰する母を持ち、本に囲まれて育ったwebライター。

晴耕雨読の意味と語源、例文

image by iStockphoto

それでは早速「晴耕雨読」(せいこううどく)の意味を、辞書で確かめてみましょう。

田園で世間のわずらわしさを離れて、心穏やかに暮らすこと。晴れた日には田畑を耕し、雨の日には家に引きこもって読書する意から。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「晴耕雨読」

「晴耕雨読」とは、その文字通り、晴れれば田畑を耕し、雨が降れば本を読んで過ごすという、昔ながらの生活スタイルから生まれた言葉です。「悠々自適な生活を送る」の意味で使われることもあります。晴れの日には庭作業をし、雨の日には本を読むという、肉体と頭脳の両方を使いながら気ままに生活する、一つの理想的なライフスタイルであるとも言えるでしょう。

続いて、「晴耕雨読」の語源についてご紹介します。

「晴耕雨読」の語源

結論から言うと、「晴耕雨読」の語源は現時点では、はっきりしたことが分かっていません。1978年発行の平井充良著『故事ことわざ辞典』に、塩谷節山の漢詩「晴耕雨読優遊するに足る」が出典であるとの記述があることは事実。ただし、1889年出版の『少年文庫.第2集』に収録されている「少年園」という作品に「晴耕雨読楼記」という吉田丹三郎による漢文が収められています。現在確認できる出版物のうち、「晴耕雨読」が登場する最も古いものは、1889年であるということが今までのところ分かっていることです。

次に、「晴耕雨読」を使った例文を見てみましょう。

「晴耕雨読」の例文

\次のページで「「晴耕雨読」の類語」を解説!/

・晴耕雨読を実現するために、土地を探したりベランダ農園に挑戦したり、着々と準備している。

・定年退職後の理想が晴耕雨読とは良く聞くが、都会暮らしの方がよっぽど快適だと思うのだ。

・叔父は定年を待たずに晴耕雨読の生活を実現するべく、早期退職して千葉に移り住んだ。

・晴耕雨読な生活が、悠々自適な生活とは必ずしも言えないのではないか。

・悠々自適と言われるが、晴耕雨読な生活には体力と精神力が必要とされる。

「晴耕雨読」の類語

image by iStockphoto

「晴耕雨読」の類語には次の三つが挙げられます。

・「安居楽業」(あんきょらくぎょう

・「悠々自適」(ゆうゆうじてき

・「昼耕夜誦」(ちゅうこうやしょう

意味と使い方を順に確認していきましょう。

「安居楽業」

「安居楽業」(あんきょらくぎょう)の定義は次の通りです。

地位など、今いる環境や状況に心安らかに満足し、自分の仕事を楽しんですること。自分の分ぶんをわきまえて不満をもたず、心安らかに自分のなすべき仕事をすることをいう。また、転じて善政の行われていることのたとえ。世が治まり生活が安定して、みなそれぞれの仕事に励む意から。▽「居きょに安やすんじ、業ぎょうを楽たのしむ」「安居あんきょして業ぎょうを楽たのしむ」と訓読する。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「安居楽業」

「晴耕雨読」が田畑を耕し、読書をし、「心穏やかに暮らすこと」を意味するため、「安居楽業」の「心安らかに自分のなすべき仕事をする」ことと相通じていることが分かりますね。

「悠々自適」

「悠々自適」(ゆうゆうじてき)の定義はどうなっているでしょうか。

\次のページで「「昼耕夜誦」」を解説!/

のんびりと心静かに、思うまま過ごすこと。▽「悠悠」はゆったりと落ち着いたさま。「自適」は自分の思うままに楽しむこと。「悠悠」は「優遊」「優游」とも書く。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「悠々自適」

「晴耕雨読」の「田園で世間のわずらわしさを離れて、心穏やかに暮らすこと」の意味と、「悠々自適」の「のんびりと心静かに、思うままに過ごす」の意味とは、ほぼ同じ状況を表しています。多くの人が、「晴耕雨読」や「悠々自適」な生活を望むのは、当然のことかも知れません。

「昼耕夜誦」

続いて、「昼耕夜誦」(ちゅうこうやしょう)の意味を確かめてみましょう。

昼間は農作業をして、夜は勉強すること。または、貧しい生活をしながらも勉学に励むこと。

「昼耕」は昼に農作業をすること。

「夜誦」は夜に本を声に出して読むこと。

「昼は耕し夜は誦す」とも読む。

出典:四字熟語辞典オンライン「昼耕夜誦」

「昼耕夜誦」とは、聞きなじみのない言葉かも知れません。「晴耕雨読」と同じように田畑を耕したり、本を読んだりするのですが、晴れた日ではなく、昼間、雨の日ではなく夜である点が違います。ただ、自然に従って外で活動したり、室内で過ごすという点からすると、類語と呼んで間違いなさそうです。

ところで、ここで「昼耕夜誦」の「誦」の定義を見ておきましょう。

[音]ショウ(漢) ジュ(呉) [訓]となえる そらんじる

①〈ショウ〉

声を出して読む。となえる。「愛誦・詠誦・誦口・読誦・朗誦」

暗記して読む。そらんじる。「暗誦」

②〈ジュ〉お経をとなえる。「読誦・念誦・諷誦(ふうじゅ)・諷誦(ふじゅ)」

[名のり]すみ

[難読]誦経(ずきょう)

出典:デジタル大辞泉(小学館)「誦」

「誦」は声に出して読んだり、暗記して読むことから、どちらかと言うと勉強するとイメージが強いです。そこから、「昼耕夜誦」の「勉学に励む」の意味につながったのでしょう。

大項目 「晴耕雨読」の英語表現

image by iStockphoto

最後に、「晴耕雨読」は英語ではどのように表現するのか、例文で見てみましょう。

I work in fields in fine weather and read at home in wet weather.…天気が良ければ畑仕事、雨が降れば家で読書をします。

He spends his life working in the fields in good weather and reading at home when it rains.…彼の毎日は、晴れの日には畑を耕し、そうでなければ部屋で本を読むというものです。

「晴耕雨読」を使いこなそう

ここまで、「晴耕雨読」の意味や類語、反義語と英語表現を見てきました。晴れなら田畑を耕し、雨が降れば部屋で本を読む。そんなシンプルな生活は、現代の生活からはあまりにかけ離れていて、想像がつきづらいかも知れませんが、100年ほど前の日本では、晴耕雨読の生活はごく一般的なものでした。現代の私たちは晴れても雨でも、それほど問題なくしたいことが出来る便利な生活を送っています。現代の文化やテクノロジーの恩恵を受けつつも、晴耕雨読の生活ができれば、それが理想的と言えるかも知れませんね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【四字熟語】「晴耕雨読」の意味や使い方は?例文や類語、英語表現をWebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【四字熟語】「晴耕雨読」の意味や使い方は?例文や類語、英語表現をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「晴耕雨読」について解説する。

端的に言えば晴耕雨読の意味は「晴れの日には畑を耕し、雨の日には本を読む」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

活字好き家系出身の森野みどりを呼んです。一緒に「晴耕雨読」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/森野みどり

編集者の叔母、子ども文庫を主宰する母を持ち、本に囲まれて育ったwebライター。

晴耕雨読の意味と語源、例文

image by iStockphoto

それでは早速「晴耕雨読」(せいこううどく)の意味を、辞書で確かめてみましょう。

田園で世間のわずらわしさを離れて、心穏やかに暮らすこと。晴れた日には田畑を耕し、雨の日には家に引きこもって読書する意から。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「晴耕雨読」

「晴耕雨読」とは、その文字通り、晴れれば田畑を耕し、雨が降れば本を読んで過ごすという、昔ながらの生活スタイルから生まれた言葉です。「悠々自適な生活を送る」の意味で使われることもあります。晴れの日には庭作業をし、雨の日には本を読むという、肉体と頭脳の両方を使いながら気ままに生活する、一つの理想的なライフスタイルであるとも言えるでしょう。

続いて、「晴耕雨読」の語源についてご紹介します。

「晴耕雨読」の語源

結論から言うと、「晴耕雨読」の語源は現時点では、はっきりしたことが分かっていません。1978年発行の平井充良著『故事ことわざ辞典』に、塩谷節山の漢詩「晴耕雨読優遊するに足る」が出典であるとの記述があることは事実。ただし、1889年出版の『少年文庫.第2集』に収録されている「少年園」という作品に「晴耕雨読楼記」という吉田丹三郎による漢文が収められています。現在確認できる出版物のうち、「晴耕雨読」が登場する最も古いものは、1889年であるということが今までのところ分かっていることです。

次に、「晴耕雨読」を使った例文を見てみましょう。

\次のページで「「晴耕雨読」の類語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: