国語言葉の意味

持つ意味がそれぞればらばら?「三つ巴」の意味・使い方を言葉大好きライターが徹底わかりやすく解説!

この記事では「三つ巴」について解説する。「三つ巴」は現代では物語の戦闘シーンや、何がしかの競争の場面で使うことが多い単語です。しかし、実は他にも意味がある。しかもすべて別の意味を示しているから、一つ知っているからと言って、すべてを知っている気になるのは危険です。元建築系企業社員、現言葉大好きライターのsasaiを呼んです。一緒に「三つ巴」の意味や使い方などを見ていきます。

ライター/sasai

元会社員の現役フリーライター。言葉が好きで文章が好き。読むのも書くのも大好きで、海外小説からビジネス書まで何でも読む本の虫。こだわりをもって言葉の解説をしていく。

「三つ巴」の意味とは?

image by iStockphoto

「三つ巴」の意味は以下の通りです。

1.三つのものが互いに対立して入り乱れること。
2.三人が向かい合って座ること。三つ鼎 (がなえ) 。
3.紋所・文様の名。巴を三つ組み合わせて円形にしたもの。

出典:goo辞書「三つ巴 意味」

三つ巴は上記の説明で言う1に当たる意味が主に知られていますが、実はそれだけではなく、全部で3種類の意味を持っています。この3種類はそれぞれバラバラのことを示しているため、状況に応じてどの意味か考えることが必要です。

簡単に言うと、1は状況を、2は状態を、3は模様をそれぞれ表しています。

そもそも「巴」って何?

「三つ巴」の「三つ」は文字通り「3つの」という意味ですが、「巴」とは何か考えたことがあるでしょうか。巴とはコンマや勾玉によく似た形の紋様を示す単語であり、「三つ巴」とはこの巴が3つ集まっていることを示しています。

また、巴は必ず3つ揃っていると限っているわけではありません。巴が2つ合わさった2つ巴という言葉もあります。巴には「三つ巴」しかないというのは思い込みですので、誤認しないよう注意しましょう。

\次のページで「「三つ巴」は戦いを表す言葉」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: