国語言葉の意味

【四字熟語】「臥竜鳳雛」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「臥竜鳳雛」について解説する。

端的に言えば臥竜鳳雛の意味は「まだ世に知られていない賢者や英雄」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「臥竜鳳雛」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「臥竜鳳雛」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「臥竜鳳雛(がりょうほうすう)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

なお、「臥」の部分が「伏」になった「伏竜鳳雛」という四字熟語もありますが、同義の四字熟語となっています。同じ四字熟語を指しいていると考えるといいですね。

「臥竜鳳雛」の意味は?

「臥竜鳳雛」には、次のような意味があります。「臥竜鳳雛」は例えが漢字になっているので、漢字から直接的に意味をとらえることはできません。例えから生まれた意味合いを見ていきましょう。

1.才能がありながら機会に恵まれず、力を発揮できない者のたとえ。機会を得ず、まだ世に隠れているすぐれた人物のたとえ。また、将来が期待される若者のたとえとしても用いる。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

もともと才能がありながら、周囲や世間に名前が知られていなかったり、才能や能力を認められていない人物のことを指します。将来が期待されるという意味合いで使われることもありますが、もともとはすでに高い才能を持っていながら知られていないという意味です。

「臥竜鳳雛」の語源は?

次に「臥竜鳳雛」の語源を確認しておきましょう。中国の三国時代に書かれた「三国志」という歴史書がもとになっています。

「臥竜鳳雛」という言葉が生まれたのは、曹操孟徳などの強敵と戦う劉備玄徳が優秀な軍師を求めていたときでした。まだ世に出ていない優秀な人物について、諸葛亮孔明を臥している竜に、龐統士元を鳳凰の雛に例えられていることを司馬徽から聞いて知った劉備は、三顧の礼を尽くすなどして軍師として迎え入れます。

その後、諸葛亮孔明は荊州と益州を手に入れる天下三分の計を説いたほか、戦場でも策をめぐらし劉備に欠かせない存在となりました。龐統士元のほうも劉備に仕えると、戦略の進言をするなど活躍します。とくに、諸葛亮孔明は活躍したエピソードも豊富で、中国では人気がありますよ。

次のページを読む
1 2 3
Share:
yamato810