世界史

ヘンリー8世と6人の妻とは?テューダー朝のイギリス国王とその妻たちを歴女が解説

よぉ、桜木健二だ、今回はヘンリー8世と6人の妻を取り上げるぞ。ヘンリー8世はなんでそんなに離婚、再婚したのか詳しく知りたいよな。

その辺のところをヨーロッパの王室の歴史も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、ヨーロッパの王室の歴史にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、ヘンリー8世と6人の妻たちについて5分でわかるようにまとめた。

1-1、ヘンリー8世とは

Hans Holbein d. J. 048.jpg
After ハンス・ホルバイン – The Yorck Project (2002年) 10.000 Meisterwerke der Malerei (DVD-ROM), distributed by DIRECTMEDIA Publishing GmbH. ISBN: 3936122202., パブリック・ドメイン, リンクによる

ヘンリー8世は、ヘンリー7世とエリザベス王妃の次男として1491年6月28日に生まれたテューダー朝2代目のイギリス国王。兄弟姉妹は兄アーサー王太子、姉マーガレット(スコットランド王ジェームズ4世、アンガス伯、メスヴェン卿と結婚)、妹メアリー(フランス王ルイ12世、初代サフォーク公チャールズ・ブランドンと結婚)、早世した弟エドムンド。

1501年に兄アーサー王太子がキャサリンオブアラゴンとの婚儀の20週後に急死したために、ヘンリーはコーンウォール公および王太子に、そして1509年4月、父ヘンリー7世死去の跡を継いでヘンリー8世として即位。

ヘンリー8世は一流の教育を受け、ラテン語およびフランス語は堪能で、イタリア語も話せ、カリスマ性のある教養高いルネサンス人。イギリス王室史上最高のインテリといわれ、学問、音楽、芸術に造詣深く、自ら楽器を演奏や作曲、著作を書き詩を作ることもできたうえに、キリスト教にも関心を持ち、また大柄な体格でスポーツ万能、馬上槍試合や狩猟などにも優れていたということ。そして莫大なお金をつぎ込み、クライスト・チャーチ、ホワイトホール宮殿、トリニティ・カレッジ、ハンプトン・コート宮殿など、現存する多くの著名な建物の建築や改修も。

晩年には過食での肥満と馬上槍試合でのけがで脚に潰瘍ができたことで、著しく健康を害したそう。6度も結婚してまで男子の跡継ぎを求めたのは、ヘンリー8世の在位中はまだ30年に及んだ権力抗争の薔薇戦争の直後で、イギリスにはそれまで女王はいなかったなどで、女性にはテューダー王朝をまとめることは無理という考えからで、必ずしも好色だけではないという見方もあるそう。

また、何人もの王妃が死産や流産を繰り返したのは、ヘンリー8世が梅毒にかかっていたからという説もあり、やっと生まれた息子エドワード6世も先天性梅毒という説が。1547年に55歳で死去。

2-1、最初の王妃キャサリンオブアラゴンとのなれそめ

キャサリン王妃は、1487年12月にスペインのアルカラ・デ・エナレスで誕生。スペインを統合、共同統治したカトリック両王のカスティーリャ女王イザベル1世とアラゴン王フェルナンド2世の間の末子。キャサリンの名前はイギリスからカスティーリャに嫁した曾祖母キャサリンオブランカスターにちなんでの命名で、イギリス王家とは遠い親戚になるそう。またキャサリンの姉のひとりは、ハプスブルグ家に嫁いだ後のスペイン女王狂女フアナ、その息子で甥は共同統治者カルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)。

当時のヨーロッパ情勢からも、イギリス国王ヘンリー7世、ハプスブルグ家、スペインは、対フランス対策として、お互い手を結ぶために政略結婚をもくろんでいて、ヘンリー7世の長男アーサー王太子とキャサリンの縁談が成立。ヘンリー7世は巨額の持参金を要求し、その後フランスとの条約締結などで一度破談となったが、第一次イタリア戦争などで縁談が復活、アーサー王太子は1499年と1500年に代理結婚式を挙行。

1501年、14歳のキャサリンはイギリスに到着。11月にアーサー王太子と結婚式を、しかしアーサー王太子は流行性感冒で翌年4月に急死。当時の慣習として、若い未亡人は持参金とともに帰国するはずが、ヘンリー7世が巨額の持参金の返却を惜しんでアーサー皇太子の弟のヘンリー王子(のちのヘンリー8世)との婚約を持ちかけたということ。

ヘンリー7世はしかし、翌1503年にエリザベス王妃が産褥死後にキャサリンを自身の後妻に要求したが、ヘンリー王子との再婚を望むキャサリンの母イサベル女王は激怒。スペインは第二次イタリア戦争で優勢だったこともあって、ヘンリー7世は、正式にヘンリー王子との婚約を決定。

1503年6月に、キャサリンとヘンリー王子との婚約がイギリスとスペイン両国で合意。婚約式ではアーサー王太子とキャサリンとの結婚は不成立を根拠に、ローマ教皇に結婚の許可を申請することと、当時12歳だったヘンリー王子が15歳になり、また残りの持参金が支払われた時点で正式な結婚が行われることになったが、ヘンリー7世は結婚を渋り、その後8年近くキャサリンは苦境にいたが、ヘンリー王子はキャサリンに惹かれるようになったそう。

2-2、キャサリンと結婚

Catalina de Aragón, por un artista anónimo.jpg
Attributed to Joannes CorvusNPG, パブリック・ドメイン, リンクによる

1509年4月、ヘンリー7世が崩御、ヘンリー王子がヘンリー8世として即位。ヘンリー8世は枢密院での議論を無視し、父王の喪が明けない6月11日に立会人1人だけの結婚式を強引に挙行。キャサリンとヘンリー8世の戴冠式は、6月30日に行われたそう。

キャサリンは賢い女性で、ヘンリー8世に対して政治や外交に関しても助言し、強い影響力を持っていて、夫婦仲も最初は円満だったということ。 しかしキャサリンは何度も流産と死産に見舞われた後に、1516年、ようやく健康なメアリー王女(のちのメアリー1世)を出産。ヘンリー8世はメアリーを溺愛。 しかしその後も流産や死産を繰り返し、ヘンリー8世の気持ちはキャサリンから遠ざかることに。

キャサリンは、1513年6月ヘンリー8世は自らフランスに遠征したときに摂政を務め、侵攻してきたスコットランド軍を撃退させたりとの対応を称賛されたり、エラスムスやトーマス・モアを支援するなど教養高く有能な女性で、女子教育にも熱心に取り組み、慈善活動も行ったためにイギリス国民からも敬愛されたそう。

また、キャサリンはカトリック信仰に篤い女性だったので、妊娠中も断食を行ったために死産や流産が相次いだという説も。

2-3、キャサリンと離婚

ヘンリー8世はキャサリンのたび重なる流産と死産で、これは亡き兄アーサーの怨念ではとか、旧約聖書に兄の妻と結婚したものは呪われるとあるために、この結婚は呪われているという考えを持ち始め、1520年頃には、キャサリンと離婚して、別の女性を王妃にして産ませようと考えるようになったということ。

しかしもともとキャサリンとの結婚は兄アーサーとの結婚を無効にしてまでのことで、ローマ教皇の同意は得られないうえ、キャサリンの甥、神聖ローマ皇帝カール5世も反対したために難航。ヘンリー8世は交渉に失敗した大法官トーマス・ウルジーを罷免、その後、トーマス・クロムウェルの補佐で、1533年、上告禁止法を発布、1534年、国王がイギリス国教会の首長であるという至上法(首長令)を発布して、カトリック教会から離脱。

そしてヘンリー8世の命でカンタベリー大司教トマス・クランマーがヘンリー8世との結婚は無効であるとされたキャサリンは、アーサー王太子の未亡人の地位に落とされ宮廷から追放され、1536年、48歳で病死。

次のページを読む
1 2 3
Share:
angelica