国語言葉の意味

【四字熟語】「呉越同舟」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアがわかりやすく解説

この記事では「呉越同舟」について解説する。

端的に言えば「呉越同舟」の意味は「仲の悪いもの同士が同じ場所にいること。」ですが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んです。一緒に「呉越同舟」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「呉越同舟」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「呉越同舟」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、元になった故事や経緯が重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「呉越同舟」の意味は?

「呉越同舟」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

ごえつ-どうしゅう仲の悪い者同士や敵味方が、同じ場所や境遇にいること。本来は、仲の悪い者同士でも同じ災難や利害が一致すれば、協力したり助け合ったりするたとえ。▽「呉」(ご)「越」(えつ)はともに中国春秋時代の国名。父祖以来の因縁の宿敵同士で、その攻防戦は三十八年に及んだという。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

 

 

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:『孫子(そんし)』九地(きゅうち)との記載があります。

孫武という史上稀にみる戦略家が記した『孫氏』という書物の九地という章がこの言葉のもとになっていることが分かるのです。

それでは今から2500年前。中国で初めての皇帝が生まれる少し前、春秋戦国時代のたとえ話です

「呉越同舟」の語源は?

この言葉は前述の通り『孫子』の中の一説で、最初から例え話として登場します。なので歴史上にこんなエピソードがあったわけではありません。

隣り合っていて、常に戦争に明け暮れていた呉と越。お互い憎しみあっている呉人と越人でも同じ船に乗ってる時に嵐に遭遇して、船が沈みそうになったらお互いに協力して沈まないようにするだろう、と言う話です。

現代で言えばイスラエルとパレスチナもあげると近いのではないでしょうか。日本とはどの国が該当するかはその時の情勢や政治信条によって異なるのでここではコメントはしません。ただ、隣り合っている国同士は国境問題や歴史問題を抱えていることは今も昔も変わりませんし、根深いもの。親族、知人を殺されていたり、貿易等で常に対立関係になりやすいのですから。

そんな関係でも状況次第では…。というのがこの話の根幹です。

\次のページで「「呉越同舟」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: