国語言葉の意味

類義語がたくさんある!「河童の川流れ」の意味・例文・類義語などを日本放送作家協会会員がわかりやすく解説

この記事では「河童の川流れ」について解説する。
端的に言えば、河童の川流れの意味は「名人も時には失敗すること」です。誰に対しても使っていいという言葉ではないから、使い方をきちんと学んでおこう。類義語も非常に多いのでいっしょに覚えていきます。
日本放送作家協会会員でWebライターのユーリを呼んです。「河童の川流れ」の意味をチェックし、例文や類義語などを見ていきます。

ライター/ユーリ

日本放送作家協会会員。シナリオ、エッセイをたしなむWebライター。時代によって変化する言葉の面白さ、奥深さをやさしく解説する。

「河童の川流れ」の意味・使い方

image by iStockphoto

さっそく「河童の川流れ」の意味をチェックし、例文で使い方を見ていきましょう。

「河童の川流れ」の意味

まず国語辞典で「河童の川流れ」の意味をチェックしましょう。

泳ぎのうまい河童でも、水に押し流されることがある。その道の名人でも、時には失敗することがあることのたとえ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「河童の川流れ」

「河童」は日本全国で伝承されている妖怪。全身が緑色で、口にはくちばし、頭頂部にはお皿、背中には甲羅、手足には水かきがあり、背丈は人間の子ども程度。川や沼に住み、泳ぎの達人と言われています。「河童の川流れ」は、そんな「泳ぎが達者な河童でも水に押し流されること」から、「名人でも時には失敗する」という意味になりました。

「河童の川流れ」の使い方

次は例文で「河童の川流れ」の使い方を見ていきましょう。

\次のページで「「河童の川流れ」の類義語」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: