理科生物生物の分類・進化

5分でわかる「恒温動物」!元家庭教師がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今日は動物の分類のひとつ「恒温動物(こうおんどうぶつ)」について学んでいくぞ。

動物の分類といえば「哺乳類」「鳥類」「魚類」「両生類」「爬虫類」「甲殻類」といった分類を思い浮かべる人が多いだろう。さらに動物には「変温動物」「恒温動物」という分類もある。恒温とは温度が一定という意味だ。そしてその対語である変温は文字通り温度が変化する。もっと詳しく知りたい奴は検索するか事典で調べてみてくれ。

恒温動物とはどんな動物か、どんな種類の動物が分類されているのかを変温動物の亀と恒温動物のハムスターを飼うリケジョ、たかはしふみかが解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
たかはし ふみか

ライター/たかはし ふみか

最近職場で動物園での勤務を進められている、動物と子供になつかれやすいリケジョ。生き物が好きで幼稚園の頃から亀とハムスターを飼っている。亀が餌を食べなくなると冬を感じる国立大学化学系院卒。

ID: ↑パーツ内本文:93文字

動物の分類

動物の分類

image by Study-Z編集部

最初に簡単に動物の分類を確認していきましょう。

動物はまず脊椎動物(セキツイ動物)と無脊椎動物(ムセキツイ動物)に分けられます。脊椎とは背骨のことです。つまり動物は背骨を持つグループと持たないグループに分けられるのですね。

脊椎動物は哺乳類鳥類爬虫類両生類魚類がいます。ヒトを含め身近な動物は脊椎動物が多いですね。一方、脊椎動物はさらに軟体動物と節足動物などに分けられます。節足動物とは昆虫類、甲殻類、クモ類、多足類などがいますが、こちらはまた別の機会にご紹介しましょう。

ID: ↑パーツ内本文:242文字
ID: ↑パーツ内本文:0文字

ヒトもネズミも一緒、哺乳類

image by PIXTA / 48407886

ヒトや犬、猫、ネズミ、ウサギ、シマリスなどの動物は哺乳類に分類されます。哺乳類の特徴はお母さんのおなかの中で赤ちゃんを育てる胎生であること、そして母乳によって育てられることです。

この哺乳類の例外として知られているのがカモノハシハリモグラ。カモノハシやハリモグラは卵を産んで孵化して赤ちゃんが生まれます。その赤ちゃんはお母さんの母乳で育つので哺乳類に分類されているのです。ただし、乳首はなくお腹のあたりにある乳腺から母乳を与えてうます。ちなみにこのような哺乳類は単孔類という、卵を産む穴と排尿する穴が一緒になっていることも特徴です。

また、ちょっと意外な気もしますが鰭(ひれ)を持って泳ぐイルカ、クジラ、アザラシ、アシカ、ジュゴンなども哺乳類に分類されています。

ID: ↑パーツ内本文:334文字

大空をはばたく鳥類

image by PIXTA / 59842000

鳥類の特徴は体が毛で覆われていて翼と嘴(くちばし)を持っていること、卵生であることが挙げられます。ペットとして人気なオウムやインコ、街中で見かける鳩やカラス、スズメなど鳥は身近な動物ですね。鳥といえば空を自由に飛ぶ、というイメージですがペンギンやニワトリなど飛ばない鳥もいます。

意外なことに最近の研究では鳥類の祖先は恐竜という説が有力になっているのです。見かけからは爬虫類のイメージの恐竜ですが実は体毛があった、という説も出てきています。

ID: ↑パーツ内本文:221文字

好みがわかれる爬虫類

image by PIXTA / 42629992

亀、ワニ、トカゲ、ヘビなどが分類されている爬虫類。ペットとして飼う人もいるものの、独特な見かけが苦手な人も多いでしょう。ちなみに爬虫類の爬とは地を這う、という意味です。

その多くが陸上で生活し、肺呼吸をしています。そしてその体は固い鱗(うろこ)で覆われているのです。

ID: ↑パーツ内本文:134文字
次のページを読む
1 2
Share:
たかはし ふみか