国語言葉の意味

【四字熟語】「鶏口牛後」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアが解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「鶏口牛後」について解説する。

端的に言えば「鶏口牛後」の意味は「でっかい組織の下っ端よりも、小さい組織でもリーダーでいろということ。」だが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んだ。一緒に「因果応報」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

takeda

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「鶏口牛後」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「因果応報」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、元になった故事や経緯が重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「鶏口牛後」の意味は?

「鶏口牛後」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

けいこう-ぎゅうご

大きな集団や組織の末端にいるより、小さくてもよいから長となって重んじられるほうがよいということ。▽「寧むしろ鶏口と為るも、牛後と為る無かれ」の略。「鶏口」は鶏の口(くちばし)。弱小なものの首長のたとえ。「牛後」は牛の尻。強大なものに隷属する者のたとえ。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:『史記(しき)』蘇秦(そしん)伝との記載。

司馬遷という高名な歴史家の記した『史記』という書物に登場する蘇秦という人物がこの言葉のもとになっていることが分かります。

それでは今から2300年前。中国で初めての皇帝が生まれる少し前、戦国時代のスーパー外交官のお話です。

「鶏口牛後」の語源は?

2300年前、当時の中国は戦国七雄と呼ばれる七つの国が天下を争う第戦国時代でした。七国の中で、一つ頭を抜きん出たのが秦という国です。後に秦は天下を統一し、初めての皇帝、つまり始皇帝が生まれるわけですから他国の焦りは確かだったでしょう。そんな中、外交術を学んだ蘇秦は最初に燕という国に取り入り、次々と他国を説得して回り秦以外の六国の大同盟を成立させ、秦と戦います。さらっと書きましたがそれぞれ殺し合い憎しみあっている国々です。ましてや話す相手はその国の王。相手の国へ直接乗り込み説き伏せてしまう。失敗したり、相手の機嫌をそこねたら死あるのみ。もちろん戦争に関わる話です。各国の王もそう簡単に乗り出せません。そんななかで6国を説得した力量や勇気はすさまじいものといえるでしょう。

その中で韓という国を説得するときに彼が語った言葉が「鶏口となるも牛後となることなかれ」つまりは鶏口牛後、です。意訳するなら「秦に飲み込まれてもいいのか?本物のプライドを持て」という意味合いともいえるでしょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
takeda