言葉の意味

「なるべく」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現は?現役ライターがサクッと解説

「なるべく」という言葉は、「なるべく早く~」「なるべくなら~」などの形でよく使われています。

「できる限りこうしてほしい」と相手に要望を出して依頼する時によく使う言葉ですが、あまりにも日常的に使われる言葉なので、改めてその言葉の意味を考えると疑問が生じる方もいるのではないでしょうか。
しかし、「なるべく」のようなクッション言葉こそ、その使い方や含まれる意図の理解が重要な言葉です。ビジネスシーンであれば尚更成果に大きく影響を与えると言えるでしょう。
なぜなら、《依頼》の表現の使い方を間違えると協力関係を壊すリスクもありますし、どれほどの強い要望なのかが伝わらなければ緊急度や重要度に誤解を生じ案件の進捗に支障をきたす恐れも出てきてしまうからです。
具体的にはどのような使い方をすることが適切なのか、他の言葉を使って言い換えたい時にはどのような言い方をすることが良いのか、ビジネスシーンではどのような言葉が適切なのか、類語と比べてどのような違いがあるのか。
ここでは「なるべく」の意味と使い方、類義語と言い換え表現について学んでいきましょう。
新人教育やマナー研修に携わった経験と、広報として交渉の場を多く経験したライターあかりが、本稿を担当させていただきます。

「なるべく」の意味と使い方・例文・類義語・言い換え表現

それでは、以下に「なるべく」の意味と使い方、類義語や言い換え表現について説明します。

「なるべく」の意味は?

「なるべく」という言葉は、動詞「な(成)る」の終止形+可能の助動詞「べし」の連用形「べく」から成り立っています。

このことを念頭において、辞書を紐解いて、「なるべく」の意味を見てみましょう。

そうすることが可能だという見込みのもと、大きな負担がかからない範囲で、その事態が実現するようつとめる気持ちを表す。

できる限り。できることなら。なるたけ。

出典:明鏡国語辞典(発行所 株式会社大修館書店)「なるべく(成るべく)」

 

可能であればそうしたい、そうしてほしいという気持ちを表す。

できることなら。なるたけ。 

出典:大辞林第三版(発行所 三省堂株式会社)「なるべく(成るべく)」

image by iStockphoto

つまり、この言葉をつけて依頼をする場合は、まずその人のできる範囲であると認識している上で、(あなたにとって無理のない範囲であれば)実際に成り立つように努力してほしいという気持ちを表す語ということです。

よって、依頼する側の認識として「無理がある」ということがわかっている上で懇願する場合や、選択の余地を与えない「命令」の場合に使用することは適切ではありません。

「なるべく」の使い方・例文は?

次に、「なるべく」の使い方を例文を使って見ていきましょう。

この言葉は、たとえば以下のように使うことができます。

「その地域はあまり治安が良くない。危ないからなるべくなら夜は一人で出歩かないほうが良い」

「本を返すのはいつでも良いけれど、自分も調べ物に使いたいからなるべく早く返してもらえた方が助かる」

「この時期にエアコンが何日も使えないと困るので、なるべく早く修理に来てもらえませんか」

「子供には少しでも体に良いものを食べさせたいので、なるべく食事は手作りして添加物がたくさん入っている加工食品は使わないようにしている」

「出産は、なるべく自宅出産にして、上の子にも立ち会ってほしいな」

「来月の出張は朝一で会議なので、なるべく前泊させていただきたいです」

できる限り、無理のない範囲で」続く文章内容を依頼もしくは推奨していることがわかるでしょう。

「絶対にそうしてはいけない」という禁止や「絶対にそうしなければならない」という命令ではなく、あくまで受け手側の判断で行動を選択することができる際に用いられるのが「なるべく」です。

「なるべく」の類義語・言い換え表現は?

次に、「なるべく」の類義語や言い換え表現について見ていきましょう。

まず「なるべく」の類義語には、以下のような語が挙げられます。

 

なるたけ(なるだけ)・できれば・出来ましたら・可能であれば・可能な限り・できるだけ・できる限り・できるなら

これらは「なるべく」と同じ意味をもった言葉で、そのまま言い換えて用いることが可能です。

例文を使って言い換え表現を見てみましょう。

「その地域はあまり治安が良くない。危ないからできるだけ夜は一人で出歩かないほうが良い」

「本を返すのはいつでも良いけれど、自分も調べ物に使いたいので、「この時期にエアコンが何日も使えないと困るので、なるたけ早く修理に来てもらえませんか」

「子供には少しでも体に良いものを食べさせたいので、可能な限り食事は手作りして添加物がたくさん入っている加工食品は使わないようにしている」

「出産は、できるなら自宅出産にして、上の子にも立ち会ってほしいな」

「来月の出張は朝一で会議なので、出来ましたら前泊させていただきたいです」

「なるべく」をビジネスシーンで使う場合の言い換えは?

image by iStockphoto

ビジネスシーンにおいて「早めに回答がほしい」「今週中に書類を送ってほしい」など、要望や都合を相手に伝え何かを依頼する場面はよく起こります。「なるべく」という言葉を使うことができますが、上司や顧客に送るメールなどの文章で使用することは適切とはいえません。

代わりにできれば・出来ましたら・可能であれば・可能な限りと言い換えると丁寧な印象を与えることができるでしょう。

また、ビジネスにおいて使われる要望を伝える際のクッション言葉には以下のようなものもあります。

それぞれ「なるべく」とは異なるニュアンスを含み、シチュエーションにあわせて使い分けると良いでしょう。

「依頼」のクッション言葉

1.どちらかといえば いくつか選択肢があった場合に依頼者が希望するものを提示する場合

2.差し支えなければ 先方(顧客や上司)に対して問題がないかを確認する場合

3.支障がないようであれば、問題がなければ 先方(同僚やパートナーなど)に対して問題がないか確認する場合

4.都合がよければ  2,3とは異なり相手にとって都合が良い内容かを確認する場合

5.恐れ入りますが、恐縮ですが 「なるべく」よりも強い依頼。相手に多少の不都合が生じても依頼する場合

6.もしよろしければ 援助を申し出る場合など相手を気遣って何かを提示する場合

 

できましたら○日までにご返信をいただけますでしょうか」

できる限りコストを抑えて提供いたします」

可能な限り本日中に承認をいただきたく存じます」

どちらかといえば、こちらの案件を優先して進めてください」

お差し支えなければ、アンケートにもご協力をお願いできますでしょうか」

問題なければ、工場に発注しておいてください」

ご都合よろしければ、ご来場いただけますと幸いです」

「ご多用のところ恐れ入りますが、本日中にご回答いただけますようお願いいたします」

よろしければ、私どもで代替案を提出させていただきます」

クッション言葉を活用しよう

image by iStockphoto

希望を伝え依頼したいとき、「なるべく(できる限り)」という表現は強制力はなく、断られる可能性を半分、もしくはそれ以上残しているといっても可能ではありません。

相手との関係性や相手の状況を踏まえた上で、上記のような他の依頼のクッション言葉に敢えて言い換え、依頼内容を優位に伝えられるよう工夫することもビジネススキルの一つと言えるでしょう。

どのような言葉を使うかによって、受け手の印象が大きく変わるのがクッション言葉です。言葉選びにおいては、状況を正確に伝えることはもとより、意図を明確に伝えること、相手の協力を得られるよう配慮することにも注力していきましょう。

要望、依頼を伝える「なるべく」思いを明確に伝えられるように工夫をしよう 

以上、「なるべく」の意味と使い方、類義語・言い換え表現、ビジネスでの使い方についてまとめました。

この言葉は「できる限り」といった意味があり、その人のできる範囲でこうなるようにしてほしいと何かを依頼する時などに「なるべく~してほしい」「なるべく~する」といった形で使われています。

「なるべく」の類義語にあたる言葉がいくつかあり、「なるたけ」「可能な限り」「できるだけ」などが代表的でしょう。他の言葉で言い換えたい場合には、上記の語にそのまま置き換えても、全体の意味が変わることはなくさまざまな表現に言い換えることが可能です。

また「なるべく」という言葉は、上司や顧客に対してビジネスメールで使うには適切ではないため、「できましたら~」「お差し障りがなければ~」などの言い方に置き換えて、適度に使い分けると良いでしょう。

交渉などより優位に話を進めたい場合は、希望を伝える際に「なるべく」という言葉を添えることはお勧めしません。なぜなら、相手に選択肢を与え、断られる余地を多く残している言葉だからです。

状況は五分五分だとしても、より優位に進められるようにその他のクッション言葉に敢えて置き換えることもビジネススキルの一つとして習得すると良いでしょう。

Share:

Leave a reply