国語言葉の意味

【四字熟語】「画竜点睛」の意味や使い方は?例文や類語も含めて国語センター190点オーバーの古典・歴史マニアが解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「画竜点睛」について解説する。

端的に言えば「画竜点睛」の意味は「最後に加える大切な仕上げのこと。」だが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んだ。一緒に「画竜点睛」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

takeda

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。ちなみに満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。漢字の「書き」は反復練習でクリアするしかない。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「画竜点睛」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「画竜点睛」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、意味をサラッと流してもらい、語源となる古典に注目してみてください。言葉の持つ本当の面白さ、豊かさがわかります。

「画竜点睛」の意味は?

「画竜点睛」を辞書で引くと次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

物事を完成するために、最後に加える大切な仕上げのたとえ。また、物事の最も肝要なところのたとえ。文章や話などで肝心なところに手を入れて、全体をいっそう引き立てるたとえ。▽「睛」はひとみ・目玉。転じて、物事の大切なところの意。一般には「画竜点睛を欠く」と用いることが多く、この場合は最後の仕上げが不十分で、肝心なところが欠けているため精彩がないことをいう。「竜りょうを画えがいて睛ひとみを点ず」と訓読する。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので重要なところは実は「意味」ではなく「出典」のところです。上記の辞書を確認すると出典『歴代名画記(れきだいめいがき)』との記載があります。

『歴代名画記』という書物のエピソードを読み解けばいいということがわかるのです。
では、今から1500年前日本では古墳時代と呼ばれ、数百年にわたって歴史の記録が無いような昔。お隣中国では歴史上もう現れることはない!と言われるほどの稀代の名画家が登場します。

「画竜点睛」の語源は?

絶後の天才画家、張僧繇(ちょう そうよう)は今から約1500年前、梁(りょう)という王朝で活躍しました。彼の描く絵はとても素晴らしく時の皇帝は彼に多くの絵を描せます。特に寺院に多くの壁画を担当してていた様です。

ある時、彼は健康(今でいう南京市)の安楽寺の壁に4匹の竜の絵を描きます。とんでもない集中力で、要した時間はわずかに3日。けれども出来は素晴らしく、まるで生きているようだ!と評判になりました。ただ、よくよく見てみるとこの竜、目がありません。不思議に思った人がなんで目をいれないのだと問いかける。すると彼は「目玉を入れるのは簡単だが、その時この竜は飛んで行ってしまうぞ」と言います。そんな馬鹿な!と誰も信じず、彼はほら吹きだとうわさが立ちました。結果、彼は嫌々ながら4匹のうち2匹に目を入れます。すると、暗雲がかかり、稲妻とともに竜が絵から飛び出し空へと消えていきました。

この伝説から大切な仕上げを行うことを「画竜点睛」と言う故事が生まれました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
takeda