国語言葉の意味

【四字熟語】「電光石火」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しくわかりやすく解説!

この記事では「電光石火(でんこうせっか)」という四字熟語について解説する。

端的に言えば電光石火の意味は「ごく短い時間」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役塾講師で文系科目のスペシャリストである「すけろく」を呼んです。一緒に「電光石火」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/すけろく

現役文系講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

#1 「電光石火」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「電光石火」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「電光石火」の意味は?

「電光石火」には、次のような意味があります。

非常に短い時間。また、動きが非常に速いことのたとえ。

出典:大辞林 第六版(三省堂)「電光石火」

「電光石火」は、「電光」と「石火」の二つの熟語が合わさってできたものです。では、どうしてこれらの熟語が「ごく短い時間」という意味につながるのでしょうか。

まず、「電光」の方から意味を確認していきましょう。実は、「電光」に含まれる「電」は、稲妻を意味しています。稲妻が見えるのは、ほんのごくわずかな間だけですよね?ちょうど、カメラのフラッシュのように。

一方の「石火」とは、どのような意味を持っているのでしょうか。こちらの「石」は、火打ち石を意味しています。火打ち石を打ち付けると、パッと火花が飛び散りますよね?あるいは、ライターで火を付けるときをイメージしてもらってもかまいません。

つまり、「電光」も「石火」も両方とも、ほんの一瞬の出来事を表しているというのが共通点です。

「電光石火」の語源は?

次に「電光石火」の語源を確認しておきましょう。この四字熟語は、「五灯会元(ごとうえげん)」という、中国南宋時代の灯史にそのルーツがあるとされます。

灯史とは、仏教界における歴史書のようなものです。この歴史書の中に次のような一節があります。

「此事如撃石火、似閃電光(此の事石火を撃つ如く、電光の閃くに似たり)」

意味は、「このことは火打石を打ち付けて出た火花のようであり、稲妻の光が閃く様子に似ている」です。つまり、それほどまでに短い時間の出来事だったことを述べています。

\次のページで「「電光石火」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: