英語の熟語

【英語】1分でわかる!「It was the least I could do.」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「It was the least I could do.」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「たいしたことはしていません。」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC 910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んだ。一緒に「It was the least I could do.」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

gabriel3212006

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある。

熟語「It was the least I could do.」の意味は?

image by iStockphoto

「It was the least I could do」は「たいしたことはしていません」という意味です。ネイティブの方が相手に何かをしてあげた時に、そのお礼を言われた時によくこのフレーズを使い、返事します。ネイティブのようにうまく英語でキャッチボールできるようになりたい方は、是非この機会に「It was the least I could do」の意味と使い方を覚えておきましょう。

意味 「たいしたことはしていません。」

「It is the least I could do.」というフレーズを直訳すると、「それは私ができる最小限のことです」という意味になるのです。

この表現は、「本当にもっと力を注ぎ、もっとお役に立てれば良いのに、残念ながらできません。でもこれぐらいできますよ。」という気持ちを伝えたい時に用いられます。

つまり、「それぐらい何でもないよ」、「どういたしてまして」を言いたい時、このフレーズを使い、相手に返事すれば良いです。

では、各シチュエーションを見て、「It is the least I could do.」の使い方を把握しましょう。

A: Thank you for your help.
B: It is the least I could do. You have helped me a lot before.
A: 手伝ってくれてありがとうございます。
B: お安い御用ですよ。君が前色々手伝ってくれたからです。

A: I will buy you lunch.
B: You don’t have to.
A: This is the least I can do.
A: 昼御飯を奢りますよ。
B: それしなくてもいいですよ。
A: せめてそれぐらいさせてください。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「It is the least I can do.」という言い方があるが、それは「It is the least I could do.」ほどフォーマルじゃない。うまく英語を使いこなしたいなら、目上の人に対して「It is the least I could do.」を、友達や後輩に対して「It is the least I can do.」を使うというふうに使い分けよう。

熟語「It was the least I could do.」の言い換えや、似た表現は?

「It was the least I could do.」のほかに、「You bet.」や「My pleasure.」など「どういたしまして」の英語フレーズがたくあります。では、それぞれの使い方を例文と一緒に確認しましょう。

次のページを読む
1 2
Share:
gabriel3212006