英訳英語

【英語】「しょうがない」は英語でどう表現する?「しょうがない」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「しょうがない」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「It can’t be helped.」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC915点で、海外経験も多いライターさくらを呼んです。一緒に「しょうがない」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さくら

子供の頃から海外に興味を持ち、大学は英文科へ。留学、ワーキングホリデー、海外で日本語を教えた経験などを持ち、三ヶ国語を話す。日常英会話で使う表現を得意とする。

「しょうがない」の意味と使い方は?

それでは、まずは「しょうがない」の日本語の意味と使い方を見ていきましょう。

「しょうがない」の意味

「しょうがない」は「しようがない」とも発音し、「仕様がない」と書きます。ちなみに、「しかたがない」もほぼ同じ意味ですよ。「しょうがない」には、次のような意味があります。

1.他に良い手段がない。やむを得ない。
2.あきれるほどひどい。手に負えない。 

出典:三省堂 大辞林 第三版「しょうがない」

「しょうがない」の使い方・例文

「しょうがない」は他にいい手がないとか手がつけられない状況で、あきらめるしか選択肢がないことですね。次に「しょうがない」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.定期を忘れて、しょうがないのでタクシーで帰った。
2.あいつはまったくしょうがないやつだな。

\次のページで「「しょうがない」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: