国語言葉の意味

【四字熟語】「四面楚歌」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター190点オーバーの古典・歴史マニアが解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「四面楚歌」について解説する。

端的に言えば四面楚歌の意味は「助けがなく、まわりが敵・反対者ばかりであること。」だが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んだ。一緒に「四面楚歌」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

takeda

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。ちなみに満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。漢字の「書き」は反復練習でクリアするしかない。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「しめん-そか【四面楚歌】 」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「四面楚歌」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、意味をサラッと流してもらい、語源となる古典に注目してみてください。言葉の持つ本当の面白さ、豊かさがわかります。

「四面楚歌」の意味は?

「四面楚歌」には、次のような意味があります。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

周囲がすべて敵や反対者で、まったく孤立して、助けや味方がいないこと。また、そのさま。孤立無援。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので重要なところは実は「意味」ではなく「出典」のところです。上記の辞書を確認すると出典『史記(しき)』項羽紀(こううき)との記載があります。

史記という書物の項羽という人物の物語を読み解けばいいということがわかるのです。
では、今から2200年前「秦」という国が滅び「漢」という国が生まれたそんな戦乱の時代のお話をさせていただきます。

「四面楚歌」の語源は?

項羽という人物は、中国5000年の歴史のなかでも最強の武将の一人です。向かうところ敵なしの項羽はドンドン勢力を拡大し、ライバルで後に漢の初代皇帝となる劉邦を直接の戦いでは何度も打ち破ってもいる。正面から戦っても勝てないことを悟った劉邦は様々な計略を巡らせます。

物語の舞台は垓下(がいか)。劉邦と戦う項羽はここに砦を建築。そこに立てこもっていると、砦を包囲する敵軍隊から項羽の故郷「楚」の歌が聞こえてくるのです。強引に日本にたとえてみましょう。あなたが日本のためにと戦っていると思ったら、周りを包囲している敵軍から日本語で「蛍の光」が聞こえてくるようなイメージ。想像してみてください。いったいどんな心境になるでしょうか。実はこの状況、劉邦の策略。捕まえた楚の人間から楚の歌を聞き、部下の兵士に教え歌わせたもの。効果はバツグンでした。項羽は自分の国の人間は全員相手に寝返ってしまった!そう思い絶望にかられます。また、いままでついてきてくれた兵士たちもこれはだめだと、脱走していってしまいました。「四面から楚の歌が聞こえてくる状況」これが四面楚歌です。

次のページを読む
1 2 3
Share:
takeda