英訳英語

【英語】「ちょっと」は英語でどう表現する?「ちょっと」の英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木と解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ちょっと」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「a little」だが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「ちょっと」の英訳や使い方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「ちょっと」の意味と使い方は?

それでは、「ちょっと」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「ちょっと」の意味

「ちょっと」には、次のような意味があります。

1.数量・程度などがわずかなさま。時間が短いさま。
2.軽い気持ちで行うさま。特に何という考えもなく行うさま。
3.大層というほどではないが、無視できない程度・分量であるさま。
4.(下に打ち消しの語を伴って)簡単には(…できない)。

出典:大辞林 第三版(三省堂)

「ちょっと」の使い方・例文

次に「ちょっと」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.あともうちょっとで、この中華料理店の利益は百万円になる。
2.本日開店の和食レストランが近くにあるので、ちょっと見てこよう。
3.彼は人気観光スポットを紹介するサイトの運営者で、ちょっと名が知れている。
4.現地での感染患者が増加し、政府の渡航禁止令がでるとはちょっと予想できなかった。

次のページを読む
1 2 3
Share:
yamato810