国語言葉の意味

【四字熟語】「一期一会」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「一期一会」について解説する。

端的に言えば一期一会の意味は「一生に一度の出会い」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

塾で国語の先生や通信教育の「赤ペン先生」をしていたトミー先生を呼んです。一緒に「一期一会」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トミー先生

元国語塾講師で通信教育で英語と国語の「赤ペン先生」などもやっていた。実はドイツ語が得意で、外国語を学ぶことでより国語を理解するのに役立つと実感している。今回は使い方を何かと間違えやすい「四字熟語」について、語源と意味と使い方を自分でしっかり理解できるよう、わかりやすく解説していく。

「一期一会」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 43982917

それでは早速「一期一会」の語源と意味と使い方を学習しまょう。その前に、「一期一会」の正しい読み方ですが、皆さん、知っていますか。「一期一会」は「いちごいちえ」と読みます。

「期」を「き」ではなく「ご」、「会」を「かい」ではなく「え」と読むのは、「一期」も「一会」も、もともとはお釈迦様の教えから始まる仏教に由来するからなのですよ。日本の戦国時代に生きた茶道の大家千利休の弟子の山上宗二(やまのうえそうじ)が、茶湯について書いた本のなかで「一期一会」という言葉を使っているのですね。

「一期一会」の意味は?

仏教と茶道にルーツのある四字熟語「一期一会」は、もともとは「一生に一度の出会い」という意味ですが、そこからさらに意味が広がって、「一生に一度の出会いだからこそ、この機会を大事にしなくてはならない」という思いが込められているのですね。

手元にある辞典で、「一期一会」という見出し語を検索して、引用してみますね。

1.《「山上宗二記」の中の「一期に一度の会」から》茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。
2.網野菊による随筆風の小説。昭和41年(1966)、引退興行を終えて向かった四国巡礼の旅先で入水自殺した歌舞伎俳優、8代目市川団蔵への追想。昭和42年(1967)刊行。第19回読売文学賞受賞。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一期一会」

『デジタル大辞泉』には、「一期一会」という言葉の由来と、そこから派生した使い方が手短に書かれています。また、「一期一会」をタイトルにした小説があるということもわかりました。山上宗二の著書に記されていますが、千利休の残した言葉だったそうです。

一期一会」は、今のこの瞬間は一生に一度だけのことだから、あなたはそれを大切にしなさい、という教訓の意味がこめられていることがわかりますね。浄土真宗を開いた親鸞聖人のお言葉にも「一期一会」がありますから、生涯に一度限りの出会いや経験を、そこに感じることができますよね。

「一期一会」の語源

仏教には輪廻転生(りんねてんしょう)、つまりすべての生命は死んでまた生まれ変わるという教えがあります。ですからわれわれは何度もこれを繰り返しているので、今のこの一生を「一期」と名付けているのですね。初めて会った人なのに、どこか懐かしい気がする、という経験をした人がいるかと思います。それは別の「一期」でその人と会ったことがあるからなのですよ。

終わりのことを「最後」といいますが、「最期」という漢字で書くと、それは「生涯の終わり」という意味になります。「一期一会」は、生涯でただ一度限りの出会いということを意味していますが、だからこそ今のこの瞬間を大事にしなくてはならないという教えでもあるのです。

\次のページで「「一期一会」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: