英語の勉強法

【英語】indeed の使い方を現役塾講師がわかりやすく解説!相手に反応する表現を知っておこう

よぉ、桜木建二だ。indeed という単語は、自ら話を切り出すときに使う表現と相手の発言に反応するときの表現とに分かれる。意味そのものが大きく変わるわけではないが、場面によって少しずつ意味が違ってくるので会話での使い方にも注目しておくといい。


10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

自ら話を切り出すときの表現

image by iStockphoto

indeed の意味を大まかに分けた一つに、自ら話を切り出すときの表現があります。この場合の意味で使うときの表現について、使い方を例文を参考にしながら見ていきましょう。

強調するとき

一つめは、強調するときに使う indeed の説明です。「ほんとうに」「全く」「確かに」などの意味で、副詞として文全体や語を強調するときに使います。be動詞の後ろや一般動詞の前のほか、文頭や文末におくこともありますよ。また、コンマを使って区切って使うことも可能です。

Indeed, that man there is Englishman.
確かに、あそこにいるのはイギリス人だ。

Thank you for your referral very much indeed.
ご紹介を本当にありがとう。

追加するとき

二つめは、前の文章や話に追加してなにかを言う場合の表現です。意味としては、「実際は」「はっきり言えば」「事実はそれどころか」などがあります。使い方は、文頭において前や後ろをコンマで区切るケースが多くなっていますよ。

I saw her recently, indeed, the day before yesterday.
私は彼女を見た、実際は、一昨日のことだ。

He knows a lot about charge free service information, indeed a poor man.
彼は無料サービスの情報に詳しい、実際はそれどころか生活苦だ。

次のページを読む
1 2 3
Share: