日本史

ペリーが江戸幕府に開国を要求した事件「黒船来航」を歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ、今回は黒船来航を取り上げるぞ。黒船来航以後、幕末が始まったんだが、どんなことだったか詳しく知りたいよな。

その辺のところを幕末、明治維新が大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、幕末、明治維新には興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、黒船来航について5分でわかるようにまとめた。

1-1、黒船来航(くろふねらいこう)とは

嘉永6年(1853年)に、代将マシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の蒸気船2隻を含む艦船4隻が、日本に来航した事件。艦隊は江戸湾入り口の浦賀(神奈川県横須賀市浦賀)沖に停泊し、一部は測量と称して江戸湾奥深くまで侵入。結果として、幕府はペリー一行の久里浜への上陸を許可し、アメリカ合衆国大統領国書が幕府に渡され、翌年には日米和親条約が締結。

この黒船来航事件から明治維新までが、幕末と呼ばれるように

2-1、黒船来航の背景

なぜ黒船を日本へ送り込み、あれだけ強引に開国を迫ったのかという、アメリカ側の事情についてご紹介しますね。

2-2、産業革命の影響で、日本近郊で捕鯨が盛んに

19世紀の西ヨーロッパ諸国はちょうど産業革命の時代となり、様々な機械が発明、工場で大量生産された工業品の輸出拡大のために、インド以西の東南アジア、中国大陸へ市場拡大を求めることに(これがのちに植民地獲得競争に発展)。

この市場拡大については、海軍力を誇り産業革命でも一歩先を行ったイギリスが優勢で、インドや東南アジアに拠点を持っていなかったアメリカ合衆国が出遅れていたということ。

そして機械稼働の潤滑油、ランプの灯火用として、マッコウクジラの鯨油の需要が高まったために、クジラが多く生息する太平洋の日本近辺への捕鯨が盛んに。

アメリカ東海岸を基地とした捕鯨船は、1年以上の遠洋航海を行うのが普通で、また当時の捕鯨船は船上で鯨油抽出を行うために大量の薪や真水を必要に、そこで乗組員のための食料や水の補給はもちろんのこと、難破船や漂流民保護についての問題も重要で、アメリカは太平洋での補給拠点として、早期の日本の開国と条約締結を求めていたということ。

アメリカは1833年、シャム(タイ)などの条約を締結、1835年には日本と清との条約締結で特使を派遣するために東インド艦隊を設立。アヘン戦争後の1842年、清との間に望厦条約(ぼうかじょうやく)を締結し、中国市場へ進出。この条約の批准のため東インド艦隊司令官ジェームズ・ビドルが清に派遣。ビドルは日本とも条約交渉するために1846年、浦賀に来航したが、浦賀奉行が拒否。このときは数日の滞在で浦賀から退去したということ。

2-3、米墨戦争でカリフォルニアを獲得

アメリカ合衆国は最初から今のように北米大陸の西海岸、太平洋側まで領土があったのではなく、1776年に独立したときは東海岸の13州のみだったが、1846年にイギリスとの交渉でオレゴンの南半分を領土とし、1846年から1848年のメキシコとの米墨戦争でカリフォルニアを獲得。そこでアメリカの領土は太平洋に到達したため、巨大市場の清国との貿易開拓が国家目標に。

そういう理由で中国との航路の途中にある、津軽海峡に面した松前(実際に開港したのは箱館)への補給拠点が必要に。

2-4、ペリー来航以前の来日アメリカ人

アメリカ人が日本に来航したのはビドルやペリーが最初ではなく、寛政3年(1791年)に冒険商人ジョン・ケンドリックが2隻の船ととも渡航、紀伊大島に上陸したのが日本を訪れた最初のアメリカ人。

その数年後には、オランダがフランスに占領中、数隻のアメリカ船がオランダ国旗を掲げて出島で貿易を行ったとか、天保8年(1837年)には、アメリカ商人チャールズ・キングが、商船モリソン号で音吉など漂流民を日本に送り届けるため浦賀に渡航したが、異国船打ち払い令で日本側がモリソン号を砲撃した事件が。

弘化2年(1845年)には捕鯨船マンハッタン号が22人の日本人漂流民を救助し、船長が浦賀への入港を許可され浦賀奉行と対面、またアメリカの捕鯨船が漂着して乗組員が救助され、迎えの船が着たりという出来事が毎年のように起こっていたということ。

3-1、アメリカ合衆国、遣日特使を派遣

嘉永4年(1851年)4月、アメリカのフィルモア大統領は、日本の開国と通商関係を結ぶために東インド艦隊司令官の代将ジョン・オーリックを遣日特使に任命し、6月8日に蒸気フリゲート艦サスケハナ号で極東に向かって出発。

しかし、オーリックはサスケハナの艦長とトラブルを起こして解任され、翌年2月、代将マシュー・カルブレース・ペリーが特使に

3-2、ペリー、任命前から独自に計画

ペリーは、日本開国任務が与えられる以前から、フォン・シーボルト著の「日本」などの日本に関する資料を集めて日本に開国を迫るにはどうすればいいかを研究。すでに任命の2年前には、日本遠征についての独自の計画を海軍長官ウィリアム・アレクサンダー・グラハムに提出済み。

ぺリーは任務を成功させるために、日本人に対して恐怖に訴える方が友好に訴えるより利点があるだろうということで、日本人に蒸気船を見せて近代国家の軍事力を認識させるために3隻の大型蒸気船を含む4隻の軍艦が必要であるとか、オランダの妨害を予想して長崎での交渉は避けるべきということを明記していたそう。

3-3、オランダ商館長から幕府に事前情報が

嘉永5年(1852年)6月、当時のオランダ商館長のヤン・ドンケル・クルティウスが、長崎奉行に「別段風説書」を提出。

内容は、アメリカ合衆国が日本との条約締結を求めるために艦隊を派遣することにはじまり、中国周辺に停留中のアメリカ軍艦5隻の艦名、アメリカから派遣される予定の4隻の艦名に加えて、司令官のオーリックからペリーへの交代について、また、陸戦用の兵士と兵器搭載の噂、そして出航は4月下旬以降だろうということまで記載されていたということ。

さらに、6月25日付のオランダ領東インド総督バン・トゥイストからの大尊君長崎御奉行様という長崎奉行宛の親書には、アメリカ使節派遣に対処するオランダの推奨案として「長崎港での通商を許し、長崎へ駐在公使を受け入れ、商館建築を許す。外国人との交易は江戸、京、大坂、堺、長崎の5か所の商人に限る」など合計10項目にわたった通商条約素案が盛り込まれていたということ。

なお、アメリカ政府はペリーの日本派遣決定後に、オランダ駐在アメリカ公使を通じ、オランダ政府に対して、通商交渉使節の派遣とその平和的目的を事前に日本へ通告するよう依頼。この書簡は行き違いで日本には届かなかったが、翌年のペリー来航年に提出されたオランダ商館の別段風説書では、ペリー派遣の目的は通商関係を結ぶことが目的の平和的なものと記載。

3-4、幕府の対応

Masahiro Abe.jpg
published by 東洋文化協會 (The Eastern Culture Association) – The Japanese book “幕末・明治・大正 回顧八十年史” (Memories for 80 years, Bakumatsu, Meiji, Taisho), パブリック・ドメイン, リンクによる

老中首座阿部正弘は、夏ごろには溜間詰の譜代大名にオランダ風説書を回覧。海岸防禦御用掛(海防掛)にも意見を聞いたが、いずれも通商条約は結ぶべきではないと回答。

また、長崎奉行も、以前にもオランダ風説書に、イギリスの香港総督ジョン・バウリングの渡航が予告されたが実現しなかったことがあり、オランダ人は信用できないという意見だったので、幕府は川越藩、彦根藩の兵を増やして三浦半島の警備を強化した程度。

しかもこの情報は幕府内の奉行レベルの上層部までで、来航が予想されていた浦賀の与力などには伝えられず。しかし外様で薩摩藩主の島津斉彬には情報が伝えられたようで、斉彬は翌年のペリー艦隊来航時の琉球渡航以降の動静を阿部正弘に報告しているということ。

詳しくはこちら

4-1、ペリー、日本を目指してアメリカを出港

1852年11月24日、マシュー・カルブレース・ペリー司令長官兼遣日大使を乗せた蒸気フリゲート艦ミシシッピ号は、単艦でバージニア州ノーフォーク港を出港。

大西洋を渡り、マデイラ島、セントヘレナ島、南アフリカのケープタウン、インド洋のモーリシャス、セイロン、マラッカ海峡からシンガポール、マカオ・香港を経て、上海に5月4日に到着。この間、各港で石炭を補給し、香港で帆走スループ艦プリマス号と帆走補給艦サプライ号、上海で蒸気フリゲート艦サスケハナ号と合流。

マカオで漢文通訳サミュエル・ウィリアムズを、上海でオランダ語通訳アントン・ポートマンを雇って、フィルモア大統領親書と漢文版、オランダ語版を作成。
琉球では首里城に強引に入場して開国を促す大統領親書を手渡し、小笠原を探検したのちに浦賀へ向かったそう。

4-2、ペリー艦隊、浦賀来航

ペリー艦隊は嘉永6年(1853年)6月3日、17時に浦賀沖に現れて停泊。黒塗りの船体の外輪船は、帆以外に外輪と蒸気機関でも航行し、帆船を1艦ずつ曳航、煙突からは煙を上げている様子から、日本人は「黒船」と呼ぶように。

浦賀沖に投錨した艦隊は、蒸気外輪フリゲート旗艦サスケハナ号(Susquehanna、ネイティブ・アメリカンの部族の名で河、地名にも)、ミシシッピ号、帆走スループ艦サラトガ号とプリマス号の4隻で、大砲は計73門あり、日本側からの襲撃を想定して臨戦態勢だったそう。

4-3、日本側の対応は

浦賀奉行戸田氏栄は、司令長官旗を掲げた旗艦サスケハナ号に、まず浦賀奉行所与力の中島三郎助を派遣、ペリーの渡航が将軍にアメリカ合衆国大統領親書を渡すことが目的であることを把握。

サスケハナに乗艦した中島に対して、ペリー側は幕府側の階級が低すぎるために親書を預けるのを拒否。翌日に浦賀奉行所与力香山栄左衛門が浦賀奉行と称して訪ねたが、親書は最高位の役人にしか渡さないとし、親書を受け取れる高位の役人を派遣しなければ、江戸湾を北上、兵を率いて上陸して将軍に直接手渡しすると脅したということ。

4-4、ペリー、浦賀湊内を測量、江戸湾内に侵入して威圧

同日、ペリーは艦隊所属の各艦から1隻ずつ武装した短艇を派遣して、浦賀湊内を測量。この測量は幕府側に威圧感を与え、浦賀奉行は抗議。また、軍艦で江戸に接近する態度を示せば、幕府がアメリカに都合のいい返答をするかもという期待から、測量艇隊は江戸湾内に約20キロ侵入。

幕府に大きなショックを与え、翌日にはフィルモア大統領の国書を受け取り、返事は長崎オランダ商館長を通じて伝達すると浦賀奉行井戸弘道に対応させたということ。

4-5、日本側の事情

このとき12代将軍徳川家慶は病床で(10日後に死去)、国家の重大事を決定できる状態ではなく、老中首座阿部正弘は、6月6日、国書を受け取るぐらいは仕方がないと結論、6月9日にペリー一行の久里浜上陸を許可、幕府直轄部隊と、陸上を川越藩と彦根藩、海上を会津藩と忍藩が警備し、浦賀奉行の戸田氏栄と井戸弘道がペリーと会見することに。

ペリーは彼らに開国を促す内容のフィルモア大統領の親書などを手渡したが、幕府側は、将軍が病気なので決定できないという理由で、返答に1年の猶予を要求。ペリーは1年後に再来航と告げ、文書の受け渡しのみで外交上の交渉は行われず。尚、日本側の全権は一言も発しなかったそう

ペリーは翌日にミシシッピ号で江戸湾を港が見えるところまで進んで後に小柴沖に引き返し、艦隊は6月12日に江戸を離れ、琉球に残した艦隊に合流、香港へ帰港。

4-6、ペリー退去後の幕府の対策は

image by PIXTA / 48094816

ペリー退去から10日後の嘉永6年(1853年)6月22日に、将軍家慶が死去。

新将軍家定は病弱で国政を担える人物ではなく、老中首座の阿部正弘は開国要求に頭を悩ませ、7月には幕府開闢以来、広く各大名から旗本、庶民に至るまでに意見を求めたが、名案は得られず。その後は国政に発言権のなかった外様大名らが台頭、結果としては幕府の権威を下げる遠因に。

結局、老中阿部正弘は、再来航したアメリカ側と戦闘状態になった場合を想定し、江戸湾警備を増強のため、韮山代官江川太郎左衛門英龍らに砲撃用の台場造営を命じ、品川沖に11か所の台場が造営されることに。

また、大船建造の禁も解除して各藩に軍艦の建造を奨励、幕府も洋式帆船の鳳凰丸を浦賀造船所で起工し、オランダへも艦船発注。そして2年前にアメリカから帰国、土佐藩の藩校の教授となっていた中浜ジョン万次郎を旗本格として、アメリカ事情を聴くブレーンに登用。

5-1、ペリー艦隊、半年後に再来航

嘉永7年(1854年)1月16日、ペリーは琉球を経由して再び浦賀に来航。幕府との取り決めは1年後だったが、半年後となったのは、ペリーは香港で将軍家慶の死去を知ったために国政の混乱の隙を突こうという外交手腕から。

その後、帆船の輸送艦サザンプトン号を皮切りに、蒸気外輪フリゲートの旗艦サスケハナ号、帆走スループのミシシッピ号、ポーハタン号、マセドニアン号、ヴァンダリア号、帆走補給艦レキシントン号、帆走スループ船サラトガ号、帆走補給艦サプライ号が到着。

計9隻の艦隊が江戸湾に集結、見物人も大勢押し掛け、船を出してアメリカ人と接触する日本人もいたということ。

5-2、約1カ月の合議の後に条約が締結

image by PIXTA / 41912384

まず、アメリカ側を応接する場所の折衝が行われ、場所が横浜と決まり応接所が完成したのちに、3月8日、アメリカ側の総勢446人が横浜に上陸。アメリカ側はフランス料理をふるまって歓迎、日本側も本膳料理で答礼したということ。

そして横浜応接所で、日本側全権・応接掛(特命全権大使)に任命された林復斎を中心に交渉が行われ、約1か月にわたる協議の末、全12か条の日米和親条約(神奈川条約)が締結、3代将軍徳川家光以来200年以上続いた鎖国が解かれ事実上の開国に。

この直後の4月25日、吉田松陰が金子重之輔とともに密航を企てポーハタン号に接触したが、渡航は拒否されて下田奉行所に自首し投獄された話は有名。

尚、ペリーはその後の4月下旬に箱館港に視察のため入港、松前藩家老格松前勘解由に対して箱館港に関する取り決めを求めたが、権限がないとして拒絶。そして5月に伊豆国下田(現静岡県下田市)の了仙寺で、和親条約の細則を定めた全13か条の下田条約を締結。

5-3、プレゼント交換も行われた

3月13日には、献上品の目録と返礼品の目録が交換となり、アメリカ側からは、蒸気機関車の4分の1模型、電信機、銀板写真機、望遠鏡、ピストル、ミシンなど約140点で、ミシンは天璋院篤姫が愛用したという話。

日本側からは、日本刀2振、硯箱、絹織物、漆器、陶磁器、火縄銃3丁、米200俵と鶏300羽が贈られたそう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

えっ、もうミシンがあったって、天璋院篤姫がミシンを使ったのかい

6、黒船来航のその後

ペリー艦隊は6月1日に下田を去って、琉球王国に立ち寄って正式に通商条約を締結。ペリーはアメリカへ帰国後、「日本遠征記」をまとめて議会に提出後、4年後に63歳で死去。

安政2年(1855年)、タウンゼント・ハリスが大統領フランクリン・ピアース大統領に初代駐日領事に任命され、日本との通商条約締結のための全権委任を与えられて来日。安政4年(1857年)5月には下田協定が調印され、大老となった井伊直弼が京都の朝廷の勅許無しでの通商条約締結に踏み切り、日米修好通商条約が締結。

そして万延元年(1860年)、日米修好通商条約の批准書交換のため、遣米使節団が派遣。外国奉行と神奈川奉行兼任の新見正興と村垣範正が正使と副使となった一行が乗艦するアメリカ軍艦ポーハタン号と、勝海舟や福澤諭吉らが乗船した咸臨丸が太平洋を横断、アメリカで大歓迎を受けることに。

しかし有能なハリス公使退任後、アメリカ国内は南北戦争に突入、外交どころではなくなって日本や清に対する影響力を失い、明治維新でもイギリスやフランス外交官のように、志士たちや幕府に影響を与えるような人材を送れず。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

そうか、映画「ラストサムライ」はフィクションなのか

鎖国日本には幕末到来となった大事件だが、世界史視野では必然的な出来事

黒船来航は、嘉永6年(1853年)7月、ペリーの率いたアメリカ合衆国の蒸気船2隻を含む4隻からなる黒船軍団が来航、産業革命の機械文化のおかげで市場拡大を狙い、また鯨の脂の需要で捕鯨のために船の物資の補給地などの必要に駆られて200年以上鎖国をしていた江戸幕府に開国を迫り、強引に条約を結ばせて開国させた事件。

日本ではこの事件が発端となって幕末の終わりの始まりとなり、幕府の権威が失墜して明治維新となった重要なターニングポイントで、木戸孝允などは明治後も癸丑以来が口癖に。ペリーの圧力でわけがわからないうちに開国となり、尊王攘夷運動で盛り上がって明治維新になだれ込んだようですが、しかし、よく調べてみれば黒船来航以前からオランダからアヘン戦争で清国がイギリスに敗れて香港が割譲された話も伝わり、ペリー来航の詳細な情報も事前に届いていたということ。

また欧米での産業革命についても日本に伝わっていて、佐賀藩や薩摩藩などでは藩政改革で得た余剰金で大砲や蒸気船も作るなど、情報はあったよう。しかし百聞は一見に如かずという通りに、ペリーが黒船の軍艦で幕府を威嚇して強引に開国へもっていったことで、日本のそれまでの古い体制の崩壊、革命の歯車が回りだしたことは間違いないでしょう。

Share:
angelica