英語の勉強法

【英語】動詞 appreciate の使い方を現役塾講師が解説!幅広い意味とその使い方をチェック

よぉ、桜木建二だ。動詞 appreciate には複数の意味があり、意味によっては特徴的な使い方をする場合もある。また、他動詞として使われることが多いが、一部は自動詞としても使われるので使い方を詳しくチェックしておくことが必要だ。


10数年間、中高生に英語を指導しているライターヤマトススムと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「評価する」「識別する」の appreciate

image by iStockphoto

動詞 appreciate には、複数の意味があります。ここでは、「評価する」「識別する」という意味で使う場合について見ていきましょう。いずれも、目的語を必要とする他動詞の表現となっていますよ。

「評価する」

一つめは、「評価する」という意味で使われる appreciate についての説明です。意味としては、「正当に評価する」「理解する」「(文学や芸術などを)鑑賞する」などがあります。いずれも他動詞として使われるので、直後に目的語をおきますよ。

Japanese started to appreciate the value of the pottery these days.
日本人は最近その陶器の価値を評価し始めた。

We can’t appreciate English poetry without understanding its rhythm.
私たちは英語のリズムの理解なしに英語の詩を鑑賞することはできない。

「識別する」

二つめは、「識別する」という意味で使う appreciate です。「…を識別する」「(違いなどを)見分ける」などの意味で使われます。こちらも他動詞なので直後に目的語をおきますが、that 節など節を目的語としておくこともありますよ。

He can appreciate the fine shades of meanings in Chinese.
彼は中国語においては微妙な意味の違いを識別することができる。

I appreciate that it is not easy for you to do it.
私はあなたにとってそれをすることは簡単ではないとわかる。

次のページを読む
1 2 3
Share: