日本史

最強・バルチック艦隊を撃破した「日本海海戦」を元塾講師が分かりやすく5分で解説

よぉ、桜木建二だ。今日は日本海海戦について勉強していくぞ。1904年、日本はロシアと日露戦争を始めて最終的に勝利するが、日本の勝利を決定的にしたとされているのが日本海海戦だ。

なぜならロシアは切り札であるバルチック艦隊が敗れてしまったからで、そこには日本軍の見事な作戦があった。そこで、今回は日本海海戦について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

shintomoyui0311

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から日本海海戦をわかりやすくまとめた。

日露戦争が起こった原因

image by PIXTA / 44312671

遼東半島返還の要求

まず、そもそもなぜ日本とロシアは戦争することになったのでしょうか。その原因は1894年の日清戦争で、この戦争は文字どおり日本と清国の戦争ですからロシアは無関係なのですが、問題は戦後にありました。日清戦争で勝利したのは日本、そのため講和条約である下関条約は必然的に日本有利な内容となります。

その内容とは台湾、澎湖諸島、遼東半島を日本の領土とするもので、ただこれに反対したのがロシアでした。ロシアは日本に対して遼東半島を領土にするのは止めて返還するよう要求、なぜならロシアもまた遼東半島を狙っていたからで、そのため日本に遼東半島を渡したくなかったのです。

部外者が口を挟んできた上に何とも身勝手な要求。それでも日本がロシアの要求に応じたのは、ロシアがドイツ・フランスの三国がかりで日本に圧力をかけてきたためで、これを三国干渉と呼びます。日本は仕方なく遼東半島を返還、そしてその遼東半島をロシアが手に入れたため、納得できない日本はロシアへの敵対感情が高まっていきました

義和団事件後のロシアの影響力

日本はただ敵対感情を高めただけでなく、ロシアと戦争して勝利するための準備を静かに始めます。例えば、日清戦争の勝利によって日本は多額の賠償金を手に入れましたが、その大半を軍事費につぎ込んでおり、言うまでもなくそれは日本を強くしてロシアを倒すためでした。

さらに1902年にはイギリスとの間に日英同盟を成立させ、日本はイギリスという強力な仲間を手にすることになります。最も、イギリスもロシアとの関係は悪かったため、日英同盟はイギリスにとってもメリットの大きなものだったでしょう。そんな時、清国で大規模な内乱が発生して日本とロシアはその鎮圧へと向かいます。

その内乱とは1900年の義和団事件、ここに介入したロシアは満州での影響を強めることになり、その勢いで朝鮮に対しても乗り込みました。しかし、日本もまた朝鮮を手に入れようとしていたため、日本とロシアは対立はより深まって戦争が避けられない事態へとなったのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

自らが手に入れたいことを理由に遼東半島の返還を要求したロシア、これで日本はロシアに敵対感情を抱いた。また、日英同盟の成立は後の日本海海戦の勝敗に関わってくるため、イギリスが日本の味方であることを覚えておくのだぞ!

旅順攻略のための戦い

image by PIXTA / 1803191

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
shintomoyui0311