英語の熟語

【英語】1分でわかる!「~ sum(s) of …」の意味・使い方・例文は?ドラゴン桜と学ぶ英語主要熟語

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の熟語「~ sum(s) of …」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「…な金額の」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC 910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んだ。一緒に「~ sum(s) of …」の意味や例文を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

gabriel3212006

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある。

熟語「~ sum(s) of …」の意味は?

image by iStockphoto

「~ sum(s) of…」は「〜な金額の」と訳すことが多いです。実は、「~sum(s) of…」は金額に限らず、あらゆる物の全体を表現することができます。ネイティブスピーカーのようにうまく「~sum(s) of」を活用したい方は、是非この機会に「~sum(s) of」の意味と使い方を覚えておきましょう。

意味その1 「〜な金額の」

「~sum(s) of…」は最も多く「〜な金額の」と訳され、お金の全体を示します。

では、例文を見てみましょう。

I have deposited a sum of money recently.
最近お金を積みました。

I have saved a small sum of money for travelling.
旅行のために、はした金を貯めました。

I have received a sum of 10,000 yen from Mr Yoshida.
吉田さんから確実に1万円を受け取りました。

意味その2 「知識全体」

「〜sum(s) of」の後に、お金関連の名詞のほかに、「知識」がつくことも可能です。

「~sum(s) of knowledge」は日本語で「知識全体」という訳になります。

He may know everything about SEO, but that is his sum of knowledge.
彼はSEOに関するあらゆることを知っていますが、それは彼が知っている全ての知識です。

Imagine a world in which every people can freely share in the sum of knowledge.
あらゆる知識の集積を誰も利用できる世界を想像してください。

Excellence is the sum of knowledge and experience.
卓越は知識と経験によって構築されるものです。

次のページを読む
1 2 3
Share:
gabriel3212006