理科生物生物の分類・進化

原核生物・真核生物の違いは?現役講師がわかりやすく解説!

今回は、原核生物と真核生物の違いについて学んでいこう。

原核生物と真核生物にはどんな違いがあるのか、きみはすぐに説明できるだろうか?高校や中学の生物学では始めの方に習う言葉だが、細胞の構造や生き物の種類を学習するうちにこんがらがってしまうやつも少なくない。この記事でしっかりと復習してみようじゃないか。

大学で分類学を中心に勉強していた現役講師のオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

原核生物と真核生物とは?

ずばり、原核生物とは原核細胞でできている生物のこと、真核生物とは真核細胞でできている生物のことを言います。つまり、原核生物と真核生物の違いを理解するには、それぞれのからだを構成している細胞の違いを知っておかなくてはなりません。

原核細胞とは

原核細胞は、遺伝情報をつかさどるDNAが細胞内でむき出しの状態になっている細胞です。

原核細胞内にはDNA以外にも、DNAをもとにつくられたRNAの情報をタンパク質に翻訳するリボソームがありますが、ミトコンドリアや葉緑体のような、大きく高度に発達した細胞小器官はありません。細胞は細胞壁によって覆われています。後述する真核生物に比べて、ひとつの細胞のサイズはずっと小さいです。

この原核細胞からできているのが原核生物ですが、原核生物には単細胞性のものしか見られないため、「原核生物=1つの原核細胞」と言い換えることもできるでしょう。

真核細胞とは

真核細胞は、DNAが核(細胞核)という細胞小器官に納められている細胞です。原核細胞よりもサイズが大きいことが多く、大きめの真核細胞と原核細胞を比べればその差は数百倍以上になることもあります。

中学校などでは、真核細胞をさらに植物細胞と動物細胞に分けて学習するでしょう。植物の身体をつくっている植物細胞は、光合成をするための葉緑体や液胞という細胞小器官をもち、細胞膜の外側には細胞壁があります。

動物細胞には葉緑体や液胞、細胞壁がありません。そのかわり、細胞分裂の時にはたらく中心体という細胞小器官は動物細胞のみにみられます。

3ドメイン説と原核生物・真核生物

進化の道筋をもとにして生物を分類する学問である系統分類学では、地球上の全ての生き物を3つのドメインという大きなグループに分類しています。

image by Study-Z編集部

3つのドメインはそれぞれ「真正細菌(バクテリア)」「古細菌(アーキア)」「真核生物」です。これらのうち、「真正細菌(バクテリア)」と「古細菌(アーキア)」が原核生物からなりたつグループになっています。そして真核生物は、名前のとおり真核生物ドメインにふくまれている生物です。

\次のページで「真正細菌(バクテリア)」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: