英訳英語

【英語】「ご承知ください」は英語でどう表現する?「ご承知ください」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「ご承知ください」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「Please note that…」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

中高生に英語や数学など、指導経験豊富なライター要を呼んです。一緒に「ご承知ください」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/要

塾講師を5年していた経験がある。留学経験があり、学生時代は留学生と英語でコミュニケーションを取っていた。日本語とは違った英語の感覚をわかりやすく伝える。

「ご承知ください」の意味と使い方は?

それでは、「ご承知ください」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

日本語の意味を知っておくことで、英語の表現も理解しやすくなります。普段何気なく使っている表現でも、しっかりと意味を生理しましょう。

「ご承知ください」の意味

「ご承知ください」は、「承知」と「ください」に分けることができます。「承知」についている「ご」は、相手を立てるためにつける尊敬を表す言葉です。

それでは、それぞれの単語の意味を見ていきましょう。

1.事情などを知ること。また、知っていること。わかっていること。
2.依頼・要求などを聞き入れること。承諾。
3.相手の事情などを理解して許すこと。多く下に打消しの語を伴って用いる。

出典:goo辞典「承知」

1.「くれ」の尊敬語。相手に物や何かを請求する意を表す。ちょうだいしたい。
2.「お」を伴った動詞の連用形、「ご(御)」を伴った漢語、また、動詞の連用形に接続助詞「て」を添えたものなどに付いて、相手に何かを要望・懇願する意を表す。

出典:goo辞典「下さい(ください)」

「ご承知ください」の使い方・例文

「ご承知ください」は、事前に知っておいてほしい、理解してほしいという意味があります。目上の人に用いると、上から決めつける印象になり、上から目線というイメージを持たれる可能性もあるのです。そのため、目上の人への使用は避けるべきとされています。

「ご承知おきください」と表現される場合もありますよ。

それでは、「ご承知ください」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

「承知」

1.無理を承知でお願いいたします。
2.依頼の件、承知しました。
3.次は承知しないからね。

「ご承知ください」

1.〇〇をご承知くださいますようお願い申し上げます。
2.次回の会議を欠席する件について、ご承知くださいましてありがとうございます。

\次のページで「「ご承知ください」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: