国語言葉の意味

【四字熟語】「空前絶後」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しくわかりやすく解説!

「like nothing before or since」

「like nothing before or since」は、「後にも先にも例がない」さまを表す英語表現です。こちらの方が、「空前絶後」本来の意味を忠実に訳出できているのではないでしょうか。

それでは、二つまとめて例文を確認しておきましょう。

I think it was the worst disaster of all time.
それは、空前絶後の大災害だったと僕は思う。

Such a concert was like nothing before or since.
そのようなコンサートは、空前絶後のものであった。

「空前絶後」を使いこなそう

この記事では「空前絶後」の意味・使い方・類語などを説明しました。「空前絶後」は、後にも先にも存在しないくらい非常に珍しいことを強調するのに用いる四字熟語です。

したがって、ただ単に珍しいぐらいのできごとにこの言葉を使うべきではありません。しかしながら、世の中にはいくつもの「空前絶後」であふれかえっているのも事実です。

みなさんは、けっして使いどころを間違えることなく、ここぞというときにだけ「空前絶後」を使うようにしましょう。

1 2 3 4
Share: