この記事では「もったいない」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「wasteful」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC915点で、海外経験も多いライターさくらを呼んです。一緒に「もったいない」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さくら

子供の頃から海外に興味を持ち、大学は英文科へ。留学、ワーキングホリデー、日本語教師などの海外経験を持ち、三ヶ国語を話す。日常で使う表現を得意とする。

「もったいない」の意味と使い方は?

それでは、「もったいない」の日本語の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「もったいない」の意味

「もったいない」は本来、漢語に由来する言葉で「妥当ではない」「扱いが不当だ」などという意味から転じて現在の意味になりました。「もったいない」には、主に次のような意味があります。

1.有用なのにそのままにしておいたり、むだにしてしまったりするのが惜しい。
2.身に過ぎておそれ多い。かたじけない。
3.不都合だ。ふとどきだ。もってのほかだ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「もったいない」

「もったいない」の使い方・例文

日常で使う頻度が高いのは1の意味ですね。3の意味は古語で用いられる意味ですが、現代で使うことは少ないでしょう。

次に「もったいない」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.ここであなたの能力を埋もれさせておくなんて、もったいない。
2.こんな高価なもの、私にはもったいないです。
3.あはれ、もったいなき主(ぬし)かな。

\次のページで「「もったいない」の英語での表現は?」を解説!/

「もったいない」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。「もったいない」は日本語独特の言い回しですので、そのままのニュアンスが当てはまる英語表現は難しいのですが、次のように表すことができます。

「もったいない」の英語表現その1:「waste」

無駄にするのが惜しい」というのが「もったいない」の主に使われる意味でしたね。この意味での英語の表現は「waste」や「wasteful」が最もよく使われます。「waste」は動詞または名詞、「wasteful」は形容詞で、「無駄にする/無駄/無駄な」です。

1.Don't throw it away! You are wasting food.
それを捨てないで!食べ物がもったいない。(無駄にしている)

2.Did you forget to use the ticket? What a waste!
チケットを使うのを忘れたの?もったいない!

3.I think it's wasteful that he is doing that job. He has more talent.
彼があの仕事をしているなんてもったいない。もっと才能があるよ。

「もったいない」の英語表現その2:「too good for ~」

too good for ~」または「too good to ~」で「~にはもったいない」という意味になります。「私にはもったいないお言葉です。」などのように使いますね。良すぎるので恐れ多い、身に余るという意味での「もったいない」です。

1.She is too good for his wife.
彼女は彼の奥さんにはもったいない。

2.This hotel is too good for me.
このホテルは私にはもったいない。

3.This bag is too good for daily use.
このバッグは普段使いにするのはもったいない。

\次のページで「「もったいない」を英語で言ってみよう」を解説!/

「もったいない」を英語で言ってみよう

この記事では「もったいない」の意味・使い方・英訳を説明しました。日本語の「もったいない」とは元々、本来の姿でない、妥当でないという意味で仏教からきている言葉です。そのままのニュアンスが英語にしづらい表現のひとつなのもうなずけますね。最近では環境保護の観点から日本語の「もったいない」という精神が評価されて「Mottainai」を広めようという動きもあるようです。いずれ「Sushi」「Kawaii」などのように「もったいない」が英語で通じる日が来るかもしれませんね。それまでは今回紹介した例文などを使って「もったいない」を表現してみてくださいね。

英語の勉強には洋楽の和訳サイトもおすすめです。
" /> 【英語】「もったいない」は英語でどう表現する?「もったいない」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説! – ページ 2 – Study-Z
英訳英語

【英語】「もったいない」は英語でどう表現する?「もったいない」の英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

「もったいない」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。「もったいない」は日本語独特の言い回しですので、そのままのニュアンスが当てはまる英語表現は難しいのですが、次のように表すことができます。

「もったいない」の英語表現その1:「waste」

無駄にするのが惜しい」というのが「もったいない」の主に使われる意味でしたね。この意味での英語の表現は「waste」や「wasteful」が最もよく使われます。「waste」は動詞または名詞、「wasteful」は形容詞で、「無駄にする/無駄/無駄な」です。

1.Don’t throw it away! You are wasting food.
それを捨てないで!食べ物がもったいない。(無駄にしている)

2.Did you forget to use the ticket? What a waste!
チケットを使うのを忘れたの?もったいない!

3.I think it’s wasteful that he is doing that job. He has more talent.
彼があの仕事をしているなんてもったいない。もっと才能があるよ。

「もったいない」の英語表現その2:「too good for ~」

too good for ~」または「too good to ~」で「~にはもったいない」という意味になります。「私にはもったいないお言葉です。」などのように使いますね。良すぎるので恐れ多い、身に余るという意味での「もったいない」です。

1.She is too good for his wife.
彼女は彼の奥さんにはもったいない。

2.This hotel is too good for me.
このホテルは私にはもったいない。

3.This bag is too good for daily use.
このバッグは普段使いにするのはもったいない。

\次のページで「「もったいない」を英語で言ってみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: