英語の熟語

【英語】1分でわかる!「leave a lot/nothing to be desired」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「leave a lot/nothing to be desired」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「かなり不満が残る/全く不満が残らない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC 910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んです。一緒に「leave a lot/nothing to be desired」の意味や例文を見ていきます。

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある

熟語「leave a lot/nothing to be desired」の意味は?

image by iStockphoto

「leave a lot/ nothing to be desired」は「かなり不満が残る/全く不満が残らない」という意味です。ネイティブの方がよくこの慣用句を使い、自分の不満や物事に対する満足度を表します。ネイティブスピーカーのようにうまく英語で自分の感想を伝えたいなら、是非この機会に「leave a lot/ nothing to be desired」の意味と使い方を覚えておきましょう。

意味「かなり不満が残る/全く不満が残らない」

「desire」は「強く望む」という意味です。「leave a lot to be desired」は直訳で「強く望まれることをたくさん残す」となり、それを悪い言い方でいうと、「かなり不満が残る」、「物足りない点が多い」という意味になります。

一方、「have nothing to be desired」は直訳で「強く望まれることは全く残さない」となり、つまり「全く不満が残らない」、「全く申し分がない」というわけです。

では、例文を見てみましょう。

Gabriel\’s cooking leaves a lot to be desired.
ガブリエルの料理はとてもまずいです。

The result leaves a lot to be desired.
その結果は物足りない点が多いです。

Sarah\’s Mathematics result leaves nothing to be desired.
サラの数学の成績は完璧です。

熟語「leave a lot/nothing to be desired」の言い換えや、似た表現は?

「leave a lot to be desired」の言い換えとして、「leave a great deal to be desired」があります。また、「leave nothing to be desired」は「be impeccable」と言い換えることができるのです。

では、それぞれの使い方を例文と一緒に確認しましょう。

\次のページで「言い換え例:「leave a great deal to be desired」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: