世界史

知られざるルイ14世の晩年の賢妻「マントノン夫人」を歴女がわかりやすく解説

よぉ、桜木健二だ、今回はマントノン夫人を取り上げるぞ。ルイ14世の晩年の妻だって、どんな人だったか詳しく知りたいよな。

その辺のところをヨーロッパの王族の歴史も大好きなあんじぇりかと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

angelica

ライター/あんじぇりか

子供の頃から歴史の本や伝記ばかり読みあさり、なかでも女性史と外国人から見た日本にことのほか興味を持っている歴女、ヨーロッパの王室の歴史にも興味津々。例によって昔読んだ本を引っ張り出しネット情報で補足しつつ、マントノン夫人について5分でわかるようにまとめた。

1-1、マントノン夫人はフランス西部の生まれ

マントノン夫人は1635年11月、フランス西部ヌーヴェル=アキテーヌ地域のニオールで誕生。フランソワーズ・ドービニェと命名。きょうだいは兄が2人。

マントノン夫人の祖父は、カルヴァン派の勇将でアンリ4世の友人でもあった詩人のアグリッパ・ドービニェ。

しかしその息子でマントノン夫人の父コンスタンは、前妻を刺殺、さらに当時の宰相リシュリュー枢機卿に対するイングランドが関係する陰謀に加担したとして20年の獄中生活中で、なんと看守の娘だった母ジャンヌ・ド・カルディヤックと獄中結婚、マントノン夫人は父の入獄中に監獄で生まれたということ(異説もあり)。

母ジャンヌはカトリック信者だったので、マントノン夫人はカトリックの洗礼を受け、代父母は、ヌイヤン伯爵夫人とロシュフコー公爵(のちに「箴言集(しんげんしゅう)」を著したフランソワ・ド・ラ・ロシュフコーの父)。

1-2、マントノン夫人、マルティニーク島へ

1639年、3歳の時に父コンスタンが60歳で恩赦によって釈放されたために、マントノン夫人は家族と一緒にマルティニーク島へ。父は以前にもマルティニーク島へ行ったことがあり、家族で島北西部のサン=ピエールで暮らすことに。

マントノン夫人は12歳までマルティニーク島で過ごし、のちに「美しきインディアン」という愛称を得ることに。尚、父コンスタンは、公式には近くの小島マリー・ガラント島の知事と称したものの認知されず、給料が出なかったそう。なのでマントノン夫人一家は貧困状態に。その後に父は知事の認定を求めて単身フランスへ帰国。

2年後に母は3人の子どもと共にフランスに帰国したが、父と母、兄の一人が相次いで亡くなり、マントノン夫人は乞食をした話も。

1-3、マントノン夫人、孤児となり伯母のもとへ

 そしてマントノン夫人は伯母のヴィレット夫人の元へ預けられ、ユグノー派として教育を受けたが、カトリックの代父母がクレームをつけて聖ウルスラ会女子修道院でカトリックの教育を受けることに。

マントノン夫人は修道院での生活を嫌ったが、修道女セレストには愛され、修道院で教えられることはすべて教わったそう。

2-1、マントノン夫人、パリのサロンでスカロンと出会い結婚

Paul Scarron 2.jpg
匿名 – スキャナで取り込み, パブリック・ドメイン, リンクによる

そしてマントノン夫人は、代母ヌイヤン伯爵夫人によってパリのサロンで人々に紹介。マントノン夫人は15歳で美人、かなり気の利いたことが言える賢さがあったため、知識階級の人たちに注目され、特に劇作家ポール・スカロンの目に留まったそう。

スカロンは当時40歳でリウマチ性関節炎のために身体障害となり車椅子生活、しかし17世紀を代表する劇作家として活躍中。若く美しいが資産がないマントノン夫人は、もし結婚しなければ一生修道院生活を覚悟しなければいけない身の上で、どうしても修道院生活が嫌だということで、スカロンとの結婚を承諾、1651年に16歳で中年のスカロンと結婚。

「フランス女性の歴史1」アラン・ドゥコー著によれば、スカロンはマントノン夫人との結婚に大満足で、「持参金はないがそのかわりに素晴らしく快活なぱっちりした目と、美しい体、美しい手、渙発な才智を持ってきた」と告白したそう。
スカロンの文学サロンには、当時の知識人、著名人が集まっていたので、マントノン夫人は教養や自信を身に着けただけでなく、洗練されて成長したということ。

しかし1660年、スカロンが亡くなってマントノン夫人が25歳で未亡人となったとき、王太后アンヌ・ドートリッシュはマントノン夫人に年2000リーヴルの年金を増額して与えたが、1666年にアンヌ王太后の没後、ルイ14世が年金を停止、マントノン夫人は困窮。

2-2、マントノン夫人、モンテスパン夫人の子供たちの養育係に

image by PIXTA / 15536679

マントノン夫人は、知り合いのサロンに出入りして、なんでも女中のような仕事をしたが、ポルトガル王妃として輿入れするヌムール公爵令嬢マリー=フランソワーズの女官としてリスボンへ向かう直前、ルイ14世の寵姫モンテスパン侯爵夫人と出会ったことで運が開けたよう。

モンテスパン侯爵夫人はルイ14世にマントノン夫人の年金を復活するよう頼み、マントノン夫人にルイ14世とモンテスパン侯爵夫人の庶子たちの養育係に任命。マントノン夫人は子供たちを愛情をもって養育し、慎み深く仕えたということ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
angelica