英語の熟語

【英語】1分でわかる!「so to speak」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「so to speak」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「言わば」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC865点でフリーのビジネスコンサルタント兼ライターmatatabizを呼んです。一緒に「so to speak」の意味や例文を見ていきます。

ライター/サシスセソー

フリーのビジネスコンサルタント。20年来英語圏のヘルスケアビジネス・サービスの調査に携わる。

熟語「so to speak」の意味は?

image by iStockphoto

so to speak」は日常会話を中心とした話し言葉として使われる表現です。話している内容に関して、手短で簡潔に伝えたい時に何かに例える言葉と一緒に使用します。「正確さ<分かりやすさ」というニュアンスがあるため、わかりやすさを重視して使うところがこの熟語のポイントです。

意味「言わば、すなわち」

話し相手に、話している内容を正確に伝えることよりも、わかりやすく、簡潔に伝えたい時に使用する表現です。したがって、感覚的、イメージでわかってもらえる言い回しや、例え表現となります。この「例えれば、このように言うことができる」というニュアンスはしっかり頭に入れてください。

There are people who always behave incredibly smart, so to speak, free rider.
いつもズル賢く行動する人々、いわば、タダ乗りする人がいます。

You can do this time management easily just like low hanging fruits, so to speak.
この時間管理は君には簡単だね。いわゆる低い位置にある果実みたいなものだもの。

We still do not recover all mistakes, so to speak. Because …
言ってみれば、わたしたちはまだ、すべての失敗を取り返していません。なぜなら、、、

He is, so to speak, a little bit cruel to his partner, I think.
彼は、言ってみれば、すこしばかりパートナーに冷たいとわたしは思います。

That girl is a visionary activist, so to speak.
あの少女は先見の明がある活動家ですね、言ってみれば

熟語「so to speak」の言い換えや、似た表現は?

熟語「so to speak」は、「as it were」「that is (to say)」「namely」などに言い換えることができます。それぞれの表現について例文を通して見ていきましょう。

\次のページで「言い換え例:as it wereを使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: