日本史

信長・秀吉・家康が名を上げた下剋上の時代「戦国時代」を元塾講師が分かりやすく5分で解説

よぉ、桜木建二だ。今日は戦国時代(せんごくじだい)について勉強していくぞ。1467年の応仁の乱以降、下位の者が上位の者を倒す下剋上が繰り返される時代に突入、そしてその時代こそ戦国時代と呼ばれている。

戦国時代は一般的に応仁の乱~徳川家康が天下統一を果たすまでの時代が該当するが、正確な定義はない。今回は、そんな戦国時代について日本史に詳しいライターリュカと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

shintomoyui0311

ライター/リュカ

元塾講師で、現役のライター。塾講師とライター業に共通して「わかりやすい伝え方」に定評がある。今回は得意分野のひとつである「歴史」から戦国時代をわかりやすくまとめた。

応仁の乱の勃発

image by PIXTA / 58696765

幕府の将軍後継者争い

戦国時代の始まりとなったのが1467年の応仁の乱です。そもそも応仁の乱とは将軍の後継者争いによって起こった内乱で、11年も続いた上にその後日本が戦国時代へと突入していく要因にもなりました。当時の将軍は室町幕府の第8代将軍である足利義政、ただ義政の政治能力は決して高くはありません。

実際に義政自身もそれを自覚していたのか、将軍から退いて得意である文化に打ち込みたいと考えますが、生憎義政に息子はいなかったため後継者がいませんでした。そこで義政は弟の足利義視を後継者にすると宣言するものの、その矢先に正室・日野富子との間に息子・足利義尚が誕生します。

日野富子は当然息子である義尚を将軍の後継者にしたいと考えてそれを宣言。しかし直前に義政が弟・義視を後継者にすると宣言していたため、幕府では足利義視と足利義尚の後継者争いが勃発したのです。また、時を同じくして対立する者が他にもいて、それが山名宗全と細川勝元でした。

守護代の反乱

山名宗全と細川勝元はどちらも幕府の有力な偉人で元々仲は良かったのですが、幕府の運営の考え方の違いから後に対立。重鎮とされる二人はどちらも大きな勢力を持っていたため、この対立は日本全国の守護大名を巻き込むほど大規模な争いに発展、やがては幕府の後継者争いにも関わっていきました。

さらに、幕府の要職である三官領(将軍補佐の役割)と四職(幕府の政務を行う役割)の中でも家督争いが勃発して、このような様々な争いがきっかけとなって応仁の乱が起こります。11年間続いた応仁の乱では各地の守護大名が京都に集合していたため、守護大名不在の領土は地方の守護代が一時的に治めることになりました。

しかし、11年の月日が守護代の力を高めさせ、いつしか守護代は守護大名に匹敵するほどの権力を手に入れたのです。おまけに守護大名は応仁の乱によって力を消耗していましたから、ここぞとばかりに守護大名を倒す守護代が続出、これが下剋上の始まりであり、すなわち戦国時代と始まりとなりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

応仁の乱は全国の守護大名を巻き込んだ上に11年間も続き、そのため守護大名不在の領土では守護代が権力を高めていった。やがて守護代は反乱を起こして守護大名を倒してしまうようになり、これが下剋上と戦国時代の始まりだ。

戦国時代の始まり

image by PIXTA / 58502396

幕府でも起こった下剋上

各地で下剋上が相次ぐ中、1516年にはとうとう下剋上によって戦国大名へと名を上げた人物が登場しました。その人物とは北条早雲で、駿河の守護大名を務めつつ今川氏の食客(主に仕えて客として養われている者)だった彼は、ついには伊豆・相模を支配下に治めるほど出世したのです。

北条早雲はまさに下剋上の成功例、これをきっかけに各地で頻発する下剋上の規模は大きくなっていき、これまで名前も知らなかったような新勢力が続々と登場。こうして、時代はみなさんが想像するような本格的な戦国時代へと突入していきます。

地位ではなく力が全てを語る戦国時代、幕府においてもそれは例外ではありません。1530年頃には将軍家に仕える官僚の細川高国が当時の将軍・足利義稙を追放、新たに足利義晴を将軍に立てると、これを利用して自らも権力を握ろうと下剋上を画策しました。

織田信長の登場

将軍追放の下剋上を果たした細川高国、しかし今度は細川高国の家臣である三好元長が下剋上を画策。これによって細川高国は自害することになり、三好元長は下剋上に次ぐ下剋上によって権力を手に入れたのです。こうなると、もはや将軍の地位ですら意味をなさない状態でした。

さて、下剋上に次ぐ下剋上を成功させて京都での権力を手にした三好氏、1564年には将軍・足利義輝を殺害するなどさらに権力を高めます。しかし下剋上の日本においてそんな三好氏も安心はできず、家臣の松永久秀によって権力を奪われてしまい、次第にその勢いは衰えていきました。

そんな中、尾張一国の小大名が下剋上が繰り返される戦国時代において徐々に名を上げて勢力を拡大させていきます。その小大名は1560年に桶狭間の戦いにて今川義元を倒すと、後に美濃を平定(敵や賊を討ち平らげること)しました。そう、その小大名の名は織田信長です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

この時点では室町幕府は健在だが、既に将軍の威厳は失われていた。将軍ですら家臣に殺害される戦国時代において、権力を手にできるのは力を持つ者だけだった。そんな中、尾張一国の小大名だった織田信長が名を上げてきた。

織田信長の時代

image by PIXTA / 13625957

室町幕府の滅亡

織田信長は足利義昭を将軍に立てて京都へと入京、「将軍・足利義昭」の名前を後ろ盾にしてさらに権力を強めていきました。これに不満を見せたのが将軍の義昭で、信長は明らかに義昭を利用しており、義昭が将軍についた途端に自らが政権を握っているような振る舞いを見せる信長を許せなかったのです。

そのため義昭は信長の討伐を計画、浅井氏・朝倉氏・武田氏・本願寺らと手を組んで打倒信長に向けて挙兵します。こうして名前を挙げただけでは実感できないと思いますが、この挙兵は信長にとって脅威、なぜなら勢力図で見ると信長の周囲は完全に敵だらけの状態になってしまったからです。

しかし信長は強かった……次々と敵を倒していき、ついには信長討伐を命じられた者達を全て倒してしまいます。信長にとって残る敵は将軍の義昭のみ、最終的に信長は義昭を京都から追放してしまい、この時点で室町幕府は滅亡しました。幕府を滅ぼした信長、念願の天下統一に向けてまた一歩前進したのです。

本能寺の変

天下統一を目前にした織田信長、しかし運命とは残酷なもので、信長もまた下剋上によって倒される運命にありました。1582年の本能寺の変、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の援軍に向かうはずの明智光秀の軍は信長のいる本能寺へと突如進路を変更、奇襲の焼き討ちによって信長を自害に追い込んだのです。

こうして天下統一を目前にした中での下剋上で命を落とした信長、信長の時代はこれで終わり、明智光秀が新たな時代を作るはずだったでしょう。しかし、時代は彼を選ばなかったようで、信長死亡の知らせを聞いた秀吉が脅威的なペースで中国地方から京都へと引き返してきたのです

これは明智光秀にとって完全に想定外、戦いの準備を整える間もなく秀吉の軍と戦わなければならないはめになり、1582年の山崎の戦いにて明智光秀は死去します。奇襲とは言え信長を倒して天下を手に入れた明智光秀、しかしそれは束の間の天下でしかありませんでした。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

地位ではなく武将としての強さで権力を手に入れた織田信長、しかし天下統一を目前にして明智光秀の下剋上によって命を落とした。その明智光秀も直後に起こった山崎の戦いにて死亡、戦国時代の次の主役は豊臣秀吉となる。

豊臣秀吉の時代

image by PIXTA / 12797211

賤ヶ岳の戦い

信長の仇、明智光秀を倒した秀吉はその功績を認められ、織田家の家臣の中で地位を高めました。しかし、織田家の家臣の中でも有力大名だった柴田勝家と織田家の後継者問題によって対立、この時秀吉は信長の孫を後継者に薦めており、つまりまだ幼い子供を織田家の後継者にしようとしたのです。

一見不可解な秀吉のこの主張ですが、柴田勝家はそんな秀吉の魂胆を見抜いていました。「おそらく秀吉は政治のできない子供を織田家の当主に仕立て上げ、その上で織田家の実権を握ろうとしているに違いない!」……こうして両者は衝突、その末に起こったのが1583年の賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)です。

秀吉はこの戦いで柴田勝家を倒し、これで織田家の中で秀吉に牙を剥く者は誰もいなくなりました。さらに敵対する勢力を次々と倒した秀吉は朝廷にも認められ、1584年には大納言、1585年には内大臣、1586年には太政大臣へと任命されると、天皇に豊臣氏を賜姓されて豊臣秀吉と名乗るようになったのです。

天下統一を果たした豊臣秀吉

1590年、秀吉は最後の敵対勢力だった後北条氏を倒して、とうとう信長が成し遂げられなかった天下統一を果たします。ただ、いくら強い秀吉も病魔には勝てず、病気に苦しむようになった秀吉は自らの死を意識するようになり、息子である豊臣秀頼の身を案じていました。

秀頼は秀吉の晩年で産まれた息子、病状を考えると秀頼が成人するまで秀吉の命が持つとは思えません。そこで秀吉は自らが健在のうちに有力な大名を味方に取り込み、それぞれを五大老・五奉行へと任命。秀頼の脅威になりそうな者を味方にしておくことで、秀吉の死後も豊臣政権を維持できるようにしたのです。

ところが秀吉の思惑は外れてしまい、秀吉が死去すると五大老も五奉行も対立。その中でも特に激しく対立したのが徳川家康と石田三成であり、この対立によって1600年に関ヶ原の戦いが勃発、勝利した家康は豊臣家に匹敵するほどの権力を手にいれ、秀吉に代わって次の時代の主役になろうとしていました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

天下統一を果たした豊臣秀吉、しかし病気の悪化によって死を意識するようになる。息子である豊臣秀頼の身を案じて五大老・五奉行を設置するが、これが関ヶ原の戦いを引き起こし、そして徳川家康の権力を高めることになった。

徳川家康の時代

image by PIXTA / 14773433

徳川家康と豊臣家の対立

1600年の関ヶ原の戦いにて勝利、さらに1603年に江戸幕府を開いた家康は、1605年になると早くも息子である徳川秀忠に将軍職を譲ります。これは家康なりのアピールで、「幕府と征夷大将軍は代々徳川家が引き継ぐ」というメッセージを込めての行動でした。

征夷大将軍は武家のトップを意味する職であり、それは天下統一を果たした証にも見えます。しかし家康にはまだ不安要素があり、それは豊臣家の存在でした。確かに秀頼には父・秀吉ほどの力や威厳はないものの、それでも豊臣家は権力の高さ健在のまま依然存続していたのです。

しかも秀頼は朝廷に認められた存在ですから、うかつに秀頼と戦えば家康は朝敵とされて征伐の対象になってしまうでしょう。ですから家康が欲しかったのは豊臣家と戦う理由であり、その理由を作ったのが1614年の方広寺鐘銘事件でした。この事件では、鐘に刻まれた文字を巡って家康と豊臣家が対立します。

戦国時代の終わり

家康と豊臣家の対立は大きな戦いへと発展、それが1614年の大坂冬の陣・1615年の大坂夏の陣……これらをまとめて大坂の陣と呼びます。大坂冬の陣では豊臣軍による大坂城での籠城戦に苦しめられ、一方の豊臣軍も徳川軍を倒しきれず、最終的に講和という形で落ち着きました。

ところが家康はこの講和を破り、翌1615年に再び戦いを仕掛けます。これが1615年の大坂夏の陣で、この戦いによって豊臣軍は敗北、秀頼は自害して秀頼の息子である豊臣国松も斬首され、これで豊臣家は完全に滅亡しました。大坂の陣に勝利した家康は、完全な天下統一を果たしたのです。

徳川家にとって天下統一はあくまでスタート地点、ここから200年以上にわたって江戸幕府の歴史を築いていきます。ただ、徳川家に刃向かうほどの勢力がいなくなったことから徳川家の地位はひとまず安泰となり、すなわちそれは下剋上と戦国時代の終わりを意味しました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

大坂の陣にて豊臣家を滅ぼした徳川家康、これで徳川家に刃向かう者はいなくなり、戦国時代も終わりとなった。つまりまとめると、戦国時代とは一般的に応仁の乱から始まり、大坂の陣にて終わりという扱いになっている。

戦国時代の終わりイコール大坂の陣の終わり

戦国時代は、主に織田信長、豊臣秀吉、徳川家康が実権を握っていた時代です。ただし徳川家康については徳川家の時代全てが戦国時代に含まれているわけではないので注意してください。

そもそも戦国時代とは下剋上の時代であり、下剋上は下位の者が上位の者を倒す時代です。ですから下位の者の反乱がなくては下剋上の時代は成り立たず、そのため家康が天下統一を果たした大坂の陣の終わりが戦国時代の終わりとされています。

Share:
shintomoyui0311