英語の熟語

【英語】1分でわかる!「have yet to ○○」の意味・使い方・例文は?専門家と学ぶ英語主要熟語

この記事では英語の熟語「have yet to ○○」について解説する。

端的に言えばこの熟語の意味は「まだVしていない」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC 910点で、現役の英語塾講師であるライターコウ ガブリエルを呼んです。一緒に「have yet to ○○」の意味や例文を見ていきます。

ライター/コウ ガブリエル

現役の英語塾講師。香港で小学校から高校生までに受験英語を指導。また、過去東京で留学する際に、日本人の社会人にTOEICやビジネス英語などを指導したことがある。

熟語「have yet to ○○」の意味は?

image by iStockphoto

「have yet to 〇〇」は「まだVしていない」という意味です。ネイティブの方がよくこの慣用句を使い、今後の行動を示します。ネイティブスピーカーのようにうまく今後の行動を伝えたい方は、是非この機会に「have yet to 〇〇」の意味と使い方を覚えておきましょう。

意味「まだVしていない」

「have yet to 〇〇」は「まだ〜していない」という意味です。このフレーズは今後やる行動を説明する際に用いられます。

では、例文を見てみましょう。

I have yet to read the storybook.
私はまだその物語を読んでいません。

The blog has yet to be read by 10,000 people.
このブログはまだ10,000人に読まれていません。

The drawing has yet to be completed.
この絵はまだ完成していません。

I have yet to be forgiven by them.
私はまだ彼に許されていません。

He has yet to learn that stress cannot be relieved by drinking alcohol.
飲酒はストレス発散にならないことを、彼はまだわかっていません。

熟語「have yet to 〇〇」の言い換えや、似た表現は?

「have yet to 〇〇」の言い換えとして、「have not 〇〇 yet」と「be going to 〇〇」があります。では、それぞれの使い方を例文と一緒に確認しましょう。

\次のページで「言い換え例:「have not 〇〇 yet」を使った言い換え」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: