英語の勉強法

英語速攻攻略を目指す!「neither」の使い方を現役英語講師がわかりやすく解説

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では英語の重要単語「neither」の使い方について解説する。

「neither」は「両方とも~ない」を表す単語だが、関連語の「both」や「either」とセットで覚えれば、あっという間にマスターできるぞ。

国立大文学部卒業で、現役の英語講師でもあるライターすけろくを呼んだ。さあ「neither」攻略の授業を始めようか。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/すけろく

現役英語講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

「neither」の意味・用法とは?

image by iStockphoto

「neither」の表す基本的な意味は「両方とも~ない」で、これは「both」の表す「両方とも~だ」の意味とはちょうど正反対です。また、関連語の「either」は「どちらか一方」を表しています。

このように「neither」の意味・用法を覚えるときは、「both」や「either」も絡めていくと効率的でしょう。

「neither」には代名詞・形容詞・副詞としての用法が存在します。では、それらをひとつずつゆっくりと見ていくことにしましょう。

#1 代名詞としての「neither」

「neither」には代名詞としての用法があります。この場合、「neither of ○○」の形で使われやすいのが特徴です。

もちろん、「neither」単独で用いることもできます。また、「not … either」は「neither」とほぼ同義です。

では、例文を見ていきましょう。

I knew neither of the students.
(= I didn’t know either of the students.)
私は、その学生を二人とも知らなかった

Neither of them is from USA.
彼らは、二人ともアメリカの出身ではない

I like neither.
(= I don’t like either.)
どちらも好きじゃないな。

#2 形容詞としての「neither」

「neither」は、形容詞としても用いることも可能です。つまり、直後の名詞を修飾することもできます。

この場合、修飾できるのは単数形の名詞のみなので注意しておきましょう。主な訳し方は「どちらの○○も…ない」です。

では、例文で確認してみましょうか。

Neither man was not able to speak Japanese.
どちらの男も、日本語を話すことができなかった

I have heard neither story.
私は、どちらの話も聞いたことがない

\次のページで「副詞としての「either」」を解説!/

次のページを読む
1 2
Share: