日本史

世界の三分の一もの銀生産量を誇った「石見銀山」を戦国通のサラリーマンが徹底解説

よぉ、桜木建二だ。どの時代でもいえることだが豊富な富は武器を集められ、兵を補充し戦いを有利に進めることが出来たことだろうな。当然ながら富を得られる場所であれば敵領地だったとしても奪うために攻め込み奪うことが出来れば自国領土の強化と勢力拡大することが可能になるだろう。

今回は日本で一番銀を採掘出来た場所として様々な大名を成長させ商業への発展を促すきっかけを作ることとなった石見銀山を歴史マニアで歴史ライターwhat_0831と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

what_0831

ライター/what

世界遺産にも登録されたと同時に周りの自然も整備された形の石見銀山を紹介していく。

銀山の始まり

image by PIXTA / 55427661

石見銀山が発掘された時代から確認していきましょう。

鎌倉時代の後期に発見

源氏が鎌倉幕府を設立してから約百五十年が経ち、幕府で内乱が頻繁に発生し鎌倉幕府が弱体化している頃に平安時代から周防で独自勢力を保っていた大内氏が鉱山を発見したとされています。当時大内氏の家督を相続していた大内重弘の嫡男だった大内弘幸が北斗七星の神格化した姿の妙見菩薩が乗り移りお告げをいいこの場所で銀を見つけました。

弘幸が発見した後に直ぐに発掘されたとされ、石見銀山旧記に書かれており1800年代に編集されて各地の藩で保管された日記が多く発見されその書物に石見銀山の発見から採掘の様子まで書かれています。鉱山を掘り進めていましたが、銀が中々発掘出来ずに一時中断していました。

そして偶然にも中断していた時に発掘していた商人が石見銀山を発見し開拓を開始していきます。

商人が開発をしていた

銀山を発掘を開始していく大内氏でしたが、本格的に開発を進めていくのが博多の大商人でした。豪商神屋家の嫡男として誕生した神屋宗湛は銀山開発に携わっていきます。

宗湛の曾祖父が石見銀山発見の第一人者だったことと神屋家は、代々筑前国の貿易商人として財を潤わせ他国との交流によって新たな採掘方法を習得し石見銀山を開拓していきました。宗湛が習得した採掘方法は灰吹法と呼ばれていて紀元前に書かれた旧約聖書に記述があり中国若しくは朝鮮国を経由して1500年代に日本へ伝来してきたとされています。

灰吹法を用いて銀峰山を掘っていくと中腹で、銀を発見することが出来ました。

灰吹法で死者が多数

image by PIXTA / 36685958

革新的な銀採掘方法で銀を得られるようになっていき、石見だけでなくその他の地域にも灰吹法が広まっていきました。効率的に銀を産出出来ることで貿易が盛んに行われるようになり日本国を発展させていきます。

しかし富を得られることにはなりましたが、得をするだけのいい点だけではなく悪い点もあり発掘をしている人々の体を蝕んでいきました。灰吹法は銀や金を鉛に溶かし抽出する方法で灰骨などを加工して作成した皿の上で加熱すると、鉛は空気中の酸素と化学変化を起こし粉塵と供の舞い上がり吸い込んでしまいます。

これによって体内に銀に取り込んでしまい、鉛毒を発症し血液を害していきました。鉛毒により短命となってしまい三十歳を超えれば長寿とされていたようです。

石見銀山の領土争い

銀が採掘出来る場所のため、大名が石見銀山欲しさに攻防戦が繰り広げられていました。

山陰と山陽の二大勢力

鎌倉時代に発見し発掘してから大内氏が長らくこの一帯を支配していましたが、銀を狙いに来る大名も多く大内義隆が九州諸国の経営をしていた際に一度小笠原氏に奪取されてしまいました。小笠原氏は国人衆ではありましたが、大内氏と同等勢力を誇っていた尼子氏に属して大内氏と争っていきます。

しかし奪還するべく兵を挙げて小笠原氏を攻め、再び義隆の手に戻ってきた石見銀山。このままでは防衛することが出来ないと判断した義隆は山吹城を築城し石見銀山を守らせていきました。しかし尼子氏の侵攻によって度々、大内氏と尼子氏の手に行き渡っていましたが、義隆が大寧寺の変で自害していくと大内氏に代わって毛利氏が台頭して石見銀山を奪うために尼子氏を攻撃していきます。

毛利氏の豊富な資金

尼子氏との激しい戦いを繰り返していくと、大内氏を裏切り名を挙げてきた陶氏と対立するようになり厳島にて決戦を行った結果見事勝利を収めていきました。これにより尼子氏を超える勢力となり毛利氏が山陰山陽地方を統一目前に迫り尼子晴久の急死によって尼子氏は弱体化し毛利氏が山陰山陽を統一を果たしていきます。

これ以降、織田信長と拮抗するほどの大国を築き石見銀山を有していたことで毛利氏が長期間に渡って戦を繰り広げていきました。信長から豊臣秀吉の時代となり毛利氏は豊臣家の傘下として活動していき、文禄・慶長の役でも毛利家の所領の石見銀山から資金を得ていきます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

体がいうことを聞かなくなるまで働いていたのは、採掘でも貰える報酬のために働いていただろうな。またあまりにも鉛毒で亡くなってしまう人が多かったため近くに供養を目的とした寺院が多く建てられたいったようだ。

江戸時代での石見銀山

image by PIXTA / 31183694

戦国時代が終焉を向かえていき、徳川家康による新しい時代が始まっていきました。

毛利氏が減封

秀吉が病で亡くなり、争いの無い日本が誕生していきましたが長らく表役者の影に隠れていた家康が台頭し始めていき豊臣恩顧大名を次々と自信の手の内に加えていきました。これに反発する動きとして石田三成が毛利輝元を総大将とした西軍が結成されていきます。

そして家康率いる東軍と輝元率いる西軍が各地で戦を行い本戦となった関ヶ原で西軍は大敗。敗北したことで輝元は領土を全て没収と家康に言い渡されるも吉川広家が、本家を生き残らせるために働き周防と長門の二カ国が安堵される減封となりました。

徳川幕府が管理

関ヶ原で石見銀山を獲得した家康は家臣の大久保長安と彦坂元正を石見銀山に向かうように指示していくと、石見銀山一帯を調べさせ幕府の直轄としていきました。直轄領となった場所は、現在の島根県太田市大森町で初代石見銀山の奉行として長安が任命され銀産出をしていきます。

書かれている歴史書によって初期奉行は長安とも元正ともいわれていて、通説では長安とされていました。長安が奉行として銀山を任されていた時には、石見銀山と名称で呼ばれていましたが大森銀山とも薩摩銀山とも呼ばれていたようです。

長安は山吹城を拠点として五万石で、費用計算や燃料などの運搬業務を行っていました。

銀山を再開発

銀山の一大産出場所だった石見銀山でしたが、無限に銀が採掘出来る訳ではなかったため毛利氏が収めていた頃よりも産出量が減少していきました。これに危機を感じていた長安は腕利きの山師を探していきます。

そして山師の安原伝兵衛と出会った長安は鉱山開発を命じていきました。伝兵衛の生まれは備中国だったため仕事を探しに仲間を引き連れて、大森まで来ていたと思われます。

伝兵衛が加わり鉱山開発が進むと思われましたが、中々思うように開発が進みませんでした。そんなある日に観音菩薩に似た銀を清水寺に奉納した夜に夢で間歩の場所を天から告げられ翌日に導かれた場所を掘り進めていくとお告げの通り間歩を発見しこの場所を釜屋間歩と命名していきます。

朱印船貿易で銀を海外輸出

間歩が発見されると爆発的に銀を発掘することが出来ていき、徳川幕府に巨大な富をもたらしていきました。海外交易を行っていた朱印船貿易で銀を海外へ産出していくとともに貿易船を出航させる元手にもなっていきます。

釜屋間歩の銀を家康に献上した伝兵衛は褒められ、備中の名前が授けられたうえに当時戦国大名が愛好していた辻ヶ花染胴服が与えられていきました。伝兵衛は大変喜んび採掘を懸命に進めていきます。

そして十七世紀初頭には銀の産出が最大となり運上金で四千から五千貫で現在でいうと四億から五億を超えていて相当な量の銀が売買されていました。

最大だった銀山も次第に減少

image by PIXTA / 55427690

全盛期を向かえていた十七世紀初頭が過ぎていくと、次第に銀が発掘出来なくなっていきました。著しく銀が減少していった影響で1675年には奉行職の銀山奉行から大森代官へと位が格下げされていきます。

銀の量が減少していくと、働き手も徐々に少なくなっていく半面で沿岸部を中心に炭を利用した工場を建設していき銀発掘に使用する道具を生産していき発掘現場へ供給していきました。

工場が建設され一部の銀発掘の働き手は、工場へ移り働いていったようです。

当時の運搬方法

主な運搬方法は船に乗せて湾に面した鞆ヶ浦から搬出しておりました。しかし季節によっては風が吹き荒れてしまい、船で出港することが出来なかったようです。特に冬の日本海は季節風の影響が受けやすいため、船で運搬することはあまり出来ませんでした。

船が出港出来なく陸から運搬していき、掛屋と呼ばれる換金所まで運んでいきます。石見銀山の大森から掛屋までは中国山地を越えていく必要があったため、長安が山道を整備していき陸からの運搬でも円滑に進めるよう改善していきました。

ただ陸を運搬するにあたり幕府が管轄していた村へ物的負担や人馬負担を割り当てしており、公共であることを口実にほぼ無給で運搬させられた村の農民達が幕府に訴えていたようです。

農民から慕われた代官

約100年に渡り代官が変わり石見銀山の奉行を行っていきましたが、徐々に銀が発掘出来なくなっていき次第に銀山としての価値を失っていきました。銀が思うように発掘出来ない時に、享保の大飢饉が発生し農民が苦しんでいきます。

この時の大森代官だった井戸平左衛門は、苦しむ農民を見てこのままでは人が生きられない土地になってしまうと思い自身の財産や裕福な人達から農民へ寄付し食料を確保していきました。また平左衛門らの財では賄いきれなくなり、幕府に許可を申請せずに米蔵を解放し餓死寸前の人達を救ったと同時に年貢免除していったため農民達から慕われる存在となっていきます。

平左衛門の行いに気づいた幕府が切腹を命じて、生涯を終えたともいわれておりますが通説では病死で亡くなくなりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

平左衛門は薩摩国からさつまいもを大森地域に普及させた人物としても知られ、農民からはいも代官と呼ばれた存在だったようだな。

幕府支配が終了

江戸時代後期となると幕府の一時代を支えていた石見銀山は、銀の発掘すら難しくなっていき深く掘り過ぎてしまうと水が湧き出てしまい思うように掘り進めることが出来ませんでした。また幕府と長州藩などの関係が悪化していき対立していくとになり戦へと発展していきす。

1864年と1866年に発生した長州戦争によって幕府軍と長州藩が対峙していき、長州藩の攻撃を防ぎきれなくなり最後の大森代官だった鍋田三郎右衛門成憲は役人を引き連れ逃亡し石見銀山は長州藩の所領となっていきました。幕府軍が倒れ明治政と石見銀山にも終わりをむかえていきます。

石見銀山閉山

廃藩置県によってこの地域は長州藩から大森県と名を変えていき、石見銀山も大政官庁が発令した大政官達により農民だった田中義太郎の手へと銀山所有者も変わっていきました。開発進めようした矢先に浜田地震が発生したため、開発を一時中断するも中々再開することが出来ず大阪の企業へ譲渡される形になっていきます。

譲渡された現在のDOWAホールディングスは、ボーリング調査を行っていくも銀が採取出来ないと判断され島根県に鉱業権と共に譲渡されていきました。これにより商業発展の足掛かりを作った石見銀山は約七百年という長い年月稼働していた銀山に幕が閉じていきます。

県の観光施設として活躍

image by PIXTA / 54635837

遺構が数多く残されているため、国の史跡として重要文化財にも認定されていきました。

世界遺産へ申請

世界の鉱山と比べると自然豊かさが残されていて美しい景観となっていた石見銀山でした。そこで世界遺産への登録していく動きが高まっていき日本政府が主導となりユネスコ世界遺産委員会に推薦書を提出していきます。

登録を審査していくのは各国から推薦された人物達が、集まる国際記念物遺跡会議が石見銀山を審査していきました。しかし世界遺産へ登録するための一つの普遍的な価値を証明することが出来ないと登録が延期すると日本政府へ勧告していきます。

これを受けた日本政府は世界遺産登録が難しいと思っていましたが、専門家などによる百ページを超える論文を作成していきました。補足資料を論文として提出した他に石見銀山の良さを紹介する外交活動が積極的に行われていくと国際記念物遺跡会議で反響を呼んでいきます。

壮大な自然が決めてとなる

国際記念物遺跡会議で再審査した結果として、二十一世紀に必要な環境配慮が為されているということで会場が満場一致で世界文化遺産への登録が決定しました。国内では十四番目の世界遺産登録となりましたが、産業遺産ではアジア初の文化遺産である快挙を成し遂げていきます。

一番の決め手となっていたのが、石見銀山に残されている自然が登録へと繋がり森林伐採されたところに植林を行い自然保守にも努めたことも登録となった理由の一つになりました。しかし日本にとっては大変喜ばしい出来事ではありましたが、一部の外国から批判の声が相次いぎます。

英国の新聞では国際記念物遺跡会議は世界遺産の基準を満たしていないにも係わらず、外交官を巻き込んだ政治的活動を指摘していました。

観光スポットとして有名な地域へ

遺産登録後は環境保全の取り組みは継続していくことを指摘され、交通機関や道路などの建設を行わないよう最善の注意を払っていきました。そのため環境負荷を軽減させる観光モデルの取り組みが為されていき、私用車を石見銀山の近隣駐車場に駐車させEVバスや電動自転車といった自然に優しい方法が進行。

そして当時の技術や歴史を紹介する石見銀山世界遺産センターが設立されており、時期によっては企画展なども行われていきます。見どころである龍源寺間歩は常時一般公開されている場所で当時のノミで掘った跡がそのまま残され、大久保間歩では石見銀山の中でも最大の坑道で坑内の高さは最大五メートルと広い坑道。

また石見銀山だけでなく大森の街並みも江戸時代の面影を垣間見れるエリアとなっていて街並み癒されることでしょう。

現代の人の手で継続的な遺産保持が行われている

鎌倉時代から江戸時代まで約五世紀もの長い期間に多くの銀や銅を発掘され、時代を支え徳川幕府の発展することが出来た理由の一つがここにあると思います。金銭に係わっていた場所だったため、犯罪が横行していたようで銀や銅の窃盗が相次ぎ見せしめとして石見銀山近くに罪人を裁く場所があり厳罰に対処されていることが分かりました。

銀山と自然を評価される形で、世界遺産へ登録されたため周辺の人達や団体によって保全活動を怠ることなく継続的に行われています。自然災害などで倒壊してしまったこともありましたが、使用できる材料はそのまま使用し当時の景観を損なわないようにされていました。

私自身もこういった文化遺産を残すために環境に配慮した行動をしていこうと思います。

Share:
what_0831